日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

水稲用一発処理除草剤6品目の新規登録を取得=協友アグリ

2020年2月7日

 協友アグリ㈱はこのほど、水稲用一発処理除草剤「アットウZ1キロ粒剤」「アットウZフロアブル」「アットウZジャンボ」「キラリ1キロ粒剤」「アシュラ1キロ粒剤」「アシュラジャンボ」の登録を取得した。また、既登録の「アシュラフロアブル」が直播水稲へ適用拡大された。

 ▼アットウZ(1キロ粒剤・ジャンボ・フロアブル)はピラクロニル、テフリルトリオン、プロピリスルフロンの3つの有効成分を含有し、ノビエをはじめとした一年生雑草だけでなく、オモダカ及びクログワイ等の多年生雑草、ホタルイ等のSU抵抗性雑草やイボクサ、ヒメミソハギ及びクサネム等の特殊雑草にも高い効果を示す。
 ▼キラリ(1キロ粒剤)はピラクロニル、テフリルトリオン、イマゾスルフロンの3つの有効成分を含有し、ノビエをはじめとした一年生雑草だけでなく、オモダカやクログワイ等の多年生雑草、ホタルイ等のSU抵抗性雑草、イボクサ、ヒメミソハギ、クサネム等の特殊雑草に対して高い効果を示す。また、稲に対する安全性が高いことに加え、低コスト稲作栽培に貢献できるという。
 ▼アシュラ(1キロ粒剤・ジャンボ)はピラクロニル、トリアファモン、ベンゾビシクロンの3つの有効成分を含有し、葉齢の進んだノビエや一年生雑草だけでなく、オモダカ、クログワイ、コウキヤガラ等の多年生雑草やイボクサ等の畦畔侵入雑草に対して高い効果を示す。更に、「1キロ粒剤」及び「フロアブル」が移植時~ノビエ4・0葉期まで、「ジャンボ」が移植直後~ノビエ4・0葉期までと幅広い処理適期を有している。2剤とも20年春の上市を予定しており、「アシュラフロアブル」と併せて3剤型が揃う。

keyboard_arrow_left トップへ戻る