日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

乾椎茸第14回入札会開催、平均値は3025円の強含み=JA全農

2020年1月24日

 JA全農は22日、第14回乾椎茸入札会を開いた。入札本数は、栃木344本、熊本91本、埼玉34本、大分21本ほかの560(前回133)ケースで、平均値はキロ当たり3025円の強含み。高値は、栃木・JAはが野の「並どんこ」でキロ当たり6000円だった。

 品柄・入札結果について全農では「出品物は東日本産の31年産春子が多く、九州等からは秋子が出品された。初市ということもあり、全国から20社の商社が参加し、春子のどんこ・上厚系の良品や、日和子で採れたヒダ色・形状の良い秋子には積極的な買いが入った。年末までと比較し、品柄が上がったことや出席商社が多かったこともあり、全体として市況は強含みとなった」としている。今後は、2月19日、3月11日に一般入札会の開催を予定している。

keyboard_arrow_left トップへ戻る