日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

奈良県育成イチゴ「珠姫」の出荷がスタート

2020年1月23日

 奈良県農業研究開発センターが開発したイチゴの新品種「珠姫(たまひめ)」の出荷が始まった。珠姫は現在、県内の生産者37名により栽培。まだ出荷量は少ないが、県内直売所等の店等で並び始めている。珠姫は、▼果実が卵円形でとても大きい、▼酸味が少なく、さっぱりとした甘み、▼果皮は光沢があり、オレンジ色がかった赤色、▼果肉もオレンジ色がかった赤色、であることが特長。

keyboard_arrow_left トップへ戻る