日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

フードロス削減へエキナカ店舗初の実証実験を開始=JR東日本スタートアップ等

2020年1月10日

 JR東日本スタートアップ㈱は、フードロス削減を目指し、㈱鉄道会館とフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営する㈱コークッキングと、タイアップした実証実験を開始する。

 今月14日から東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」などのエキナカ店舗の営業終了後に、まだ食べられる食品を駅で働く従業員(約8400人)に販売することで、フードロスを削減する新しい〝エキナカ食品エコシステム〟の構築を目指す。2月14日にかけて実施する。

keyboard_arrow_left トップへ戻る