日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

3月JR西日本岡山駅構内に「みのるダイニング」オープン=JA全農

2020年1月8日

 JA全農は、今年3月13日にリニューアルオープンするJR西日本岡山駅構内商業施設「さんすて岡山」に、みのりみのるプロジェクトの直営店舗『みのるダイニングさんすて岡山店』を新規開店する。

 同店は、黄にら、パクチー、エンダイブ等、岡山県特産の野菜や、「里海米きぬむすめ」「里海卵(さとうみたまご)」「おかやま和牛肉」「ピーチポーク」など〝こだわりの県産食材〟を使用した定食やグリル、アラカルトメニューとともに、県産の雄町米を原料に使用した日本酒、クラフトビール、ワインなども提供する予定。

 「みのりみのるプロジェクト」は、飲食店における「原産地表示」の意義を広く消費者に啓発し、外食産業における国産農畜産物の利用拡大を促進するため、そのモデルとなる国産食材100%(国産では代替困難なコーヒー、香辛料等、一部原材料を除く)による飲食店舗「みのりカフェ」「みのる食堂」を運営しており、昨年12月末日現在、全国で15店舗を展開。今回で16店舗目の出店となる。営業時間は11時~22時。36・45坪、55席。

keyboard_arrow_left トップへ戻る