日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月26日(木)

2019年12月26日

農水省が「2019国際ロボット展」に出展し、最新の農業ロボットを展示紹介=18~21日(農水省の「スマート農業ブース」の模様。東京ビッグサイトで)


〈主な内容〉

〈この人に聞く〉 農場から食卓まで安全管理の徹底へ
   農水省消費・安全局 新井ゆたか局長
◎検査規格検討会で「異種穀粒規格の一本化」了承=農水省
 推奨規格フレコン、胴割粒・着色粒規格は調査等を実施へ
◎野党が農相にワクチン接種の国の関与強化等求める家伝法改正提案
◎『全農リポート 子ども編、ママ・パパ編』を初めて発行=全農
◎岐阜県北方町に農地転用許可等の権限=農水省
◎JA貯金残高11月末は前年同月比0・9%増の104・9兆円
◎県オリジナル水稲品種の名称を「福乃香」に決定=福島
◎国際ロボット展に農水省が出展、最新の農業ロボットを展示紹介
◎農水大臣賞に内田氏(愛知)、戸井土・唐香原営農組合(佐賀)
 令和元年度全国麦作共励会受賞者決定=米麦改良協会
◎食品ロス削減へ、賞味期限切れのクラッカーを配布=農水省
企業情報 ダイフクプラスモア
エントランス  世界の森林団体4.

keyboard_arrow_left トップへ戻る