日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月23日(月)

2019年12月23日

JA全中等がシンポジウム「持続可能な食と地域を考える」を開催=12月17日(中家全中会長らが各団体の取組を紹介した。東京農大世田谷キャンパスで)


〈主な内容〉

◎令和2年度農水予算は微増の2兆3109億円で閣議決定
 「成長産業化促進のために必要な施策を盛り込めた」と農相
◎1~3月期の配合飼料価格は約700円値上げ=全農
 とうもろこし・大豆粕価格の値上げを受け
◎家の光文化賞に千葉・市川市農協
◎CSF拡大防止へ新たに8都府県に接種地域を拡大
◎地域医療を守る病院協が総合診療専門医制度等を議論
◎AgVentue Labが「JAアクセラレーター第2期」を開始、ビジネスプラン募集
◎農林漁業成長産業化支援機構解散へ
 「収益を確保することは困難と判断」と農相
◎「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム開催=全中・共同通信社
 SDGsと食料安全保障の視点から500名が食と農の未来を考える
ホット・ポイント  「食料安全保障」の確立に向けて

keyboard_arrow_left トップへ戻る