日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

第3回農業金融センター会議開く=JAバンク福島

2019年11月29日

 JAバンク福島はこのほど、福島市のJA福島ビルで、2019年度第3回農業金融センター会議を開いた。同会議は、JAの農業融資担当者および農林中央金庫福島支店が、農業金融にかかる現状分析・研究、課題の掘り起しを行い、農業者の金融ニーズ等に対してより一体的に当たっていくとともに県内統一の企画立案を実践していくことを目的に開催しているもの。

 会議では、前回のテーマであった「農機販売店との連携強化」にかかる取組みの振り返りと、先般の台風被害に対する「災害資金対応」、農業者の農閑期にあわせた「クレジット借換推進」などをテーマにグループディスカッションを行った。

 また、会議には福島県農業信用基金協会および日本政策金融公庫福島支店も参加。基金協会は農業融資の審査ポイントについて研修会を開催し、日本公庫は災害資金やJAバンクとの連携事例等についての情報提供を行った。

 今年度最後の会議ということもあり、来年度以降の取組みついても、農業者の金融ニーズに応えていく等の目線で多くの意見が出されていた。

keyboard_arrow_left トップへ戻る