日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

三菱ガス化学が国内最大規模の完全人工光型植物工場を竣工

2019年11月27日

 三菱ガス化学㈱(東京都千代田区)が同社事業所である「QOLイノベーションセンター白河」(福島県白河市)内に建設を進めていた、完全人工光型植物工場がこのほど竣工、22日に竣工式が行われた。

 同植物工場は、1日2・6t以上、1株80gのリーフレタス換算で約3万2000株の葉菜類の生産能力。完全人工光型植物工場としては国内最大規模となる。また、工場設計の工夫や最新の技術ノウハウ等の導入により同時に多品種を栽培でき、一般消費者向け個包装商品から業務用商品まで、顧客ニーズに沿った計画的生産及び供給が可能となるという。

 今後は、同社と㈱ファームシップ(東京都)が共同で設立したMGCファーミックス㈱(福島県白河市)が同工場を運営、GLOBAL G.A.P認証の早期取得に向けた活動を開始するなど、安全・安心にこだわって生産・販売を行う方針。

keyboard_arrow_left トップへ戻る