日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

「農業経営者のための消費税軽減税率・インボイス導入対策セミナー」開く=農中福島支店

2019年10月7日

 農林中央金庫福島支店は9月27日、うつくしまふくしま農業法人協会と共催で、アグリビジネス投資育成㈱の協賛を受けて「農業経営者のための消費税軽減税率・インボイス導入対策セミナー」を開催した。

 同セミナーは、2019年10月の消費税率引き上げと同時に「軽減税率制度」が導入されることを受けて、農業法人を中心とした事業者が、制度の概要や取引において留意すべき点などを改めて確認することを目的としたもの。

 にしやまゆみこ税理士事務所の西山税理士を講師に、制度の概要や目的、事業者に与える影響などについて、2時間にわたり講義が行われた。講義の中では、受講者が実際に税額等を計算してみるケーススタディも行われた。セミナーの中では、2023年10月から導入される適格請求書等保存方式(インボイス方式)についても併せて講義が行われた。

 開催にあたり主催者代表として挨拶した農林中金福島支店の石川副支店長は、「セミナーが実りあるものとなり、事業者の経営の一助となることを期待している。今後も農林中央金庫は農業者のためになる施策を行っていく」と話した。

 セミナーでは、受講者による闊達な質疑が行われる場面も見られ、それぞれの事業者が自らの抱える課題解決のために意欲的な姿勢で参加していた。参加した事業者からは、「軽減税率制度やインボイス制度が自分の経営にもたらす影響について不安に思っていたが、今回で頭の整理ができた。対応に向け準備をしたい」と話すなど、受講者にとって税制に関する理解が促されたセミナーとなった。

keyboard_arrow_left トップへ戻る