日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年10月1日(火)

2019年10月1日

農水省が「越境性動物疾病防疫対策推進会議」開き、都道府県の家畜衛生担当者らと最新の情報を共有=9月30日(挨拶する江藤農相。同省講堂で)


〈主な内容〉

◎令和元年産水稲作況(9月15日)101、単収536㎏
 北海道は105、東北は104、近畿・中国は99、九州は96
◎上半期農業景況DIは改善もプラス値転換には至らず=日本公庫調査
 販売単価DIの低下と生産コストDIの低迷響く
◎いつでもどこでもすぐ食べられる「全農オリジナル防災食」3品発売=全農
◎防疫体制強化へ「越境性動物疾病防疫対策推進会議」=農水省
 「現場で危機感の共有を」「国を守る覚悟で」と農相
◎全農等がゆめファームでIoT使った農作業者の健康・労務管理の実証実験
◎農山漁村地域の起業支援Webプラットフォームを開設=農水省
◎乾椎茸第11回入札会開催、平均値は2731円の保合=全農
◎国産材利用拡大へ石岡市と宇都宮市に木製品寄贈=農中関東業務部
全中主催 JA営農・経済フォーラム 実践事例報告 3. 
 静岡県・JAとぴあ浜松経営管理委員会会長 鈴木和俊氏
人事 共栄火災海上保険
企業情報 全農物流

keyboard_arrow_left トップへ戻る