日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

ILO100周年記念公開セミナー「アフリカと世界の協同組合」

2019年9月4日

 日本協同組合連携機構JCA)と国際労働機関ILO)駐日事務所は日本生協連の協力で13日、東京・渋谷区の国連大学本部で、ILO創設100周年記念公開セミナー「アフリカと世界の協同組合」を開催する。

 ILOと日本生協連が2010年から毎年実施しているアフリカの協同組合リーダーを対象とした研修プログラムの一環として開くもの。ILO創設100周年と同プログラム開催から10周年を迎えた節目となる今回のセミナーでは、ILO協同組合ユニット政策・調査専門官のギー・チャミ氏による「仕事の未来・協同組合・社会的連帯経済の動向~ILOの役割」をテーマとした講演、研修プログラム参加者による「アフリカ各国の協同組合概況」の報告が行われる。報告者は以下の通り。

 ▽ジョアン・スーザン・アトゥウラ(ケニア/ACCOSCAアフリカ貯蓄信用協同組合連合会財政運営局長)▽ウルスラ・ブワリ・ギゼンベ(ケニア/協同組合コンサルタント、保険代理機構協同組合アドバイザー)▽オラディポ・オランレワジュ・ショブル(ナイジェリア/ラゴス地方自治体多目的協同組合理事)▽アウグスト・アーネスト・キマリオ(タンザニア/キリマンジャロ乳製品協同合弁企業コーディネーター)▽ソモエ・イスメリ・ングヘ(タンザニア/タネスコ貯蓄信用組合会長)。

 参加費無料、同時通訳付き。参加希望者は、11日までに専用登録フォーム(https://bit.ly/2YiWYhu)から申込みを(先着100名)。なお、同セミナーはアフリカ開発会議が神奈川・横浜市で開催されることに合わせ、第7回アフリカ開発会議パートナー事業として登録されている。

keyboard_arrow_left トップへ戻る