日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農林中金が「ゼロエミッション東京」の実現を目指す都にCO2超過削減量を寄付

2019年7月22日

 農林中央金庫(奥和登代表理事理事長)はこのほど、CO2を排出しない持続可能な都市「ゼロエミッション東京」の実現を目指す東京都の取組みに賛同し、都に対し、都キャップアンドトレード制度に基づくCO2排出量の超過削減分であるクレジット(*)3150tを寄付した。
 農林中金では「当金庫は、ステークホルダーの皆さまにとって大切な持続可能性に関する環境・社会課題に適切に対応することにより、持続可能な社会の実現に向けて貢献していく」とコメントしている。
*都キャップアンドトレード制度は、東京都環境確保条例により、大規模事業所(3か年度連続して燃料、熱、電気の使用量が、原油換算で年間1500kl以上の事業所)にCO2排出量の削減義務を課す制度のことで、削減義務量以上にCO2の削減を達成した超過削減量をクレジット化することができる。

keyboard_arrow_left トップへ戻る