日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月10日(水)

2019年7月10日

浅川京子大臣官房総括審議官

農水省が、農業分野におけるAIの利用に関する契約ガイドラインの策定に向け「検討会」初会合(趣旨を説明する浅川総括審議官。都内で)


〈主な内容〉

◎32信農連の2018年度決算状況(速報)=農林中金まとめ
 当期剰余金は1287億円、自己資本比率は15・6%
◎病害虫の蛾「ツマジロクサヨトウ」のまん延防止で緊急対策を実施=農水省
◎食料・農業・農村政策審議会新会長に髙野克己東京農業大学学長
◎地方で抱える診療報酬の課題解決を厚労省に要望=地域医療を守る病院協議会
◎エーコープマーク品初の機能性表示食品「エーコープ緑茶plus」を発売=全農
◎19年度自治体農政の展開方向を見る 22 新潟県
 「園芸」を米に続く新たな経営の柱に、農業者・産地を総合的に支援等
◎農水省がホクレンくみあい・雪印飼料㈱等の事業再編計画を認定
◎山形県沖地震による農林水産関係被害への支援対策を決定=農水省
◎農業分野のAI利用における契約ガイドラインを検討=農水省
人事 農水省
ホット・ポイント 黄色い命のハンカチ作戦

keyboard_arrow_left トップへ戻る