日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

4Hクラブが総会開き、首藤会長ら新役員体制・令和元年度事業計画等承認

2019年7月4日

 全国農業青年クラブ連絡協議会4Hクラブ=全協)は2日、都内で通常総会を開き、平成30年度事業報告及び収支決算、役員の選出(既報)、令和元年度事業計画及び収支予算など4議案を承認した。

 令和元年度の役員体制は、▽会長=首藤元嘉氏(=写真、新・愛媛)、▽副会長=金子健斗(再・新潟)・宮本健一(新・石川)両氏、▽事務局長=黒田慎氏(新・島根)、▽事務局次長=前田彩花(再・鹿児島)、山浦昌浩(新・長野)、辻諒太(新・福岡)各氏、▽理事=漆戸啓(再・青森)、木下義隆(新・長野)、渡辺直輝(新・福井)、河合竜太郎(再・愛知)、谷村岳志(新・京都)、淺津良伊知(新・島根)、松尾祐亮(新・佐賀)、黒川裕司(新・鹿児島)、金坂哲宏(新・千葉)各氏、▽監事=森安晃司(新・岡山)、上野勉(新・佐賀)両氏、▽オブザーバー=吉田明宏氏(新・埼玉)となった。また、竹本彰吾前会長は顧問に就任した。

keyboard_arrow_left トップへ戻る