日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月1日(月)

2019年7月1日

埼玉県深谷市が、農業技術を集積する「アグリテック集積都市DEEP VALLEY」構想に向け、JAをはじめとする産学官連携による取組推進を発表=6月27日(記者会見の模様。都内で)


〈主な内容〉

◎30年度の経営所得安定対策等の支払実績=農水省
 畑作物のゲタ対策は253億円減、水田活用は155億円減
◎全農が石川・たけもと農場と連携協定締結、スマート農業を推進
 Z―GISの活用法確立、人工衛星リモートセンシングへの利用も検討
◎農林水産大臣賞など優良経営体を表彰=全国豆類経営改善共励会
◎深谷市が企業誘致で産学官連携、地域農業の課題解決へ
◎7月1日現在のJA数は607JAに
◎㈲橋本農園へ資金対応=農林中金
◎全農が渋谷ロフトで国産農畜産物の加工食品等を展示・販売
◎JA貯金残高5月末は前年同月比1・7%増の103・4兆円
◎愛知・西尾市の農場で28例目の豚コレラの疑似患畜確認
人事 農水省/JA共済連/全農エネルギー社長に中島氏
企業情報 科飼研/エーコープ関東/三菱UFJニコス等/シンジェンタ等
ホット・ポイント 「新たな森林管理システム」の開始に思う

keyboard_arrow_left トップへ戻る