日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農業女子の声反映した自動応答サービスを開始=日本農薬

2019年6月13日

 日本農薬(株)はこのほど、ホームページ上でAIを活用した自動応答プログラム「チャットボット」によるサービス(https://www.nichino.co.jp/products/index.html)を開始した。
 農薬を使った作物の安全性、農薬登録の流れ、農業場面の病害虫解説やおすすめ製品の紹介などに限定し、ホームページ上に表示されたフクロウのキャラクター「レイミー」が回答する仕組み。
 今後は利用者が入力する単語から興味や関心を分析、「ニーズにあったコンテンツ」として充実させる予定。同サービスは、農水省が推進する「農業女子プロジェクト」に同社が参画する中で、独自企画として立ち上げた「明日の農業女子を考える日農」プロジェクトを通じて生れたもの。
 チャットボットのシステムは、同じく「農業女子PJ」の参画企業である(株)NTTドコモが開発するシステムを利用する。

folder商品ニュース の記事

もっと見るkeyboard_arrow_right
keyboard_arrow_left トップへ戻る