日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

JCA第60回公開研究会

2019年6月18日

 (一社)日本協同組合連携機構(JCA)は7月27日、東京・明治大学リバティタワーで第60回公開研究会を開く。JCAでは協同組合研究誌『にじ』2019年秋号で、「協同組合と教育~組合員・職員の学びと研究者の啓蒙(仮題)」をテーマに特集を企画している。研究会は、その前段として協同組合研究者・実践家等との間で幅広く意見交換し議論を深めるため、明大協同組合学研究室と共催で行うもの。
 関西大学教授の杉本貴志氏を座長に、以下の報告が行われる。▽漁協における職員教育―全国漁業協同組合学校の歴史と変遷〔仮題〕(全国漁業協同組合学校学監・河村浩史氏)▽生協協力企業における協同組合の理念教育〔仮題〕(JCA副主任研究員・阿高あや氏〔予定〕)▽協同会社における職員への協同組合教育〔仮題〕(㈱ジェイエイ越智今治代表取締役専務・村上浩一氏)。参加申込は専用フォーム(http://ur0.link/W4CM)で。申込期限は7月19日。

folderイベント案内 の記事

全国町村会が「これからの自治体農政のあり方」テーマにシンポ

「自治体農政とは何か、その現実や可能性、そして未来」論ず  全国町村会は8月31日、東京・千代田区の全国町村会館で「これからの自治体農政のあり方」をテーマに、都市農村共生社会創造シンポジウムを開催する。全国から自治体主導の地域づくりを実践・研究している学識経験者や全国町村会の地域農政未来塾受講生が「自治体農政とは何か、その現実や可能性、そして未来」を討論する。  シンポジウムでは「自治体農政と...

JCA第60回公開研究会

 (一社)日本協同組合連携機構(JCA)は7月27日、東京・明治大学リバティタワーで第60回公開研究会を開く。JCAでは協同組合研究誌『にじ』2019年秋号で、「協同組合と教育~組合員・職員の学びと研究者の啓蒙(仮題)」をテーマに特集を企画している。研究会は、その前段として協同組合研究者・実践家等との間で幅広く意見交換し議論を深めるため、明大協同組合学研究室と共催で行うもの。  関西大学教授の杉...

もっと見るkeyboard_arrow_right
keyboard_arrow_left トップへ戻る