日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月3日(月)

2019年6月3日

日本施設園芸協会と農水省が災害に強い施設園芸づくりに関する協定を締結=5月28日(中央は鈴木日施協会長、左へ枝元生産局長、大澤経営局長ら。同省経営局長室で)


〈主な内容〉

◎農協改革集中推進期間が終了
 「自己改革に終わりはない」と全中会長
◎秋肥価格は尿素・重焼りん値下げ、加里・石灰窒素は値上げ=全農
◎豚コレラの拡大感染防ぐため豚の早期出荷実施へ=農水省
◎日施協と農水省が災害に強い施設園芸づくりで協定
◎「穀粒判別器に関する検討チーム」第1回会合を開催=農水省
◎19年度自治体農政の展開方向を見る 5.静岡県
 「静岡茶」輸出拡大で米国研究機関と連携等
◎乾椎茸第5回入札会開催、平均値は3893円の強保合=全農
企業情報 家の光出版総合サービス
企業決算 農中信託銀行
ホット・ポイント 家族のごはん

keyboard_arrow_left トップへ戻る