日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2019年4月26日(金)

2019年4月26日

農水省が「農泊推進のあり方検討会」を開き、農泊を全国に拡大していくための方策を盛り込んだ中間とりまとめを行った=25日(同省で)


〈主な内容〉

◎「農泊推進のあり方検討会」が中間とりまとめ=農水省
 交流人口の増加から所得と雇用を生み出し活性化めざす
◎農林水産品の輸出における課題対応検討のための関係閣僚会合を開催
◎国内17営業所を廃止=農林中金
◎日生協が消費者庁等に「改正遺伝子組換え食品表示基準」で意見書
 統一感のある表示制度の実現、十分な準備期間の確保など要望
◎「地域ブランド認知度アンケート調査」結果まとむ=ジェトロ
 日本産食品購入は一部除き産地・地域ブランドは認知されず
◎畜産法人対象に後継者育成でセミナー=農中宇都宮支店
◎乾椎茸第3回入札会開催、平均値は4155円の強含み=全農
◎パルシステムが取引先と「プラスチック削減PJ」発足へ
◎全国家畜衛生主任者会議開催、情報を共有=農水省
人事 エス・ディー・エス バイオテック新社長に寒河江氏
ホット・ポイント 統一地方選を救った女性の進出

keyboard_arrow_left トップへ戻る