日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

菌、カビ等抑制する抗ウイルス国産インジェクションブーツを発売=アキレス

2019年5月16日

 アキレス(株)は、特殊薬剤を塩化ビニールに練りこみ成型、効果が持続するウイルスに対応した国産インジェクションブーツ『OSM 5000』〔写真〕を卸売専門店、有名ECサイト、アキレスウェブショップで今月中旬から本格発売する。ウイルス感染は、特に第一次産業、食品加工業では徹底的な衛生管理と検査が必要とされる。 同製品は、抗ウイルス性試験で、表面に付着した代表的なウイルスが24時間後には99%以上低減した結果が得られた。
 金属モールドの組み合わせによって出来る空洞部へ合成樹脂・塩化ビニールを注入し、ブーツを成型するインジェクション製法により製造され、底はがれの心配が少なく形くずれも少ないのが特長。サイズは22・0~30・0cm、色は白/茶、約750g(26・0cm/片足)、ヒール高は3・4cm(26・0cm)、価格は税別5800円。

keyboard_arrow_left トップへ戻る