日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

国内初、「牛の診療費補償サービス」を提供開始=三井住友海上、デザミス

2020年5月9日

 三井住友海上火災保険㈱(原典之社長)とデザミス㈱(清家浩二社長)は、デザミスが開発した牛の行動モニタリングシステム「U-motion」に保険を付帯した「牛の診療費補償サービス」の提供を開始した。

 「牛の診療費補償サービス」は、①U-motionの行動モニタリング機能・アラート機能により、牛の健康状態をリアルタイムで把握し、疾病・事故の早期発見が可能となること、②U-motionを装着している牛が家畜共済の疾病傷害共済の補償対象となった場合(U-motionを導入していない牛はサービスの対象外。プレゼントされる損害保険は、疾病傷害共済の共済金が支払われる場合のみ補償される。国が示す病傷事故給付基準外の診療費や、給付限度額を超える診療費については、病傷共済金と同様に保険金も支払われない)に、組合員等の1割自己負担部分を支払うため、診療費の全額が病傷共済金と損害保険金によって補償、U-motionに保険が自動付帯されるため、畜産農家に保険料負担はない、ことが特長。

 *家畜共済は「農業保険法」に基づいて実施され、農業者があらかじめ農業共済組合(NOSAI)に共済掛金を出し合って共同準備財産を造成しておき、「家畜の死亡または廃用による損失」や「家畜の疾病または傷害の診療費の支払い」が発生した場合に、農業共済組合が被災した農業者に共済金を支払う制度。2020年1月以降に開始する疾病傷害共済では、初診料を含めた診療費全体の1割が自己負担となる。

 【U-motion】牛の首に取り付けたセンサーが牛の行動をモニタリングし、反芻・動態・横臥・起立等の牛の主要な行動を24時間365日記録することで、牛の健康状態をリアルタイムに把握できるサービス。集積された行動データを用いて、人工知能が牛の異変を自動で検知し、疾病・発情・起立困難等の場合はアラートで知らせる。

keyboard_arrow_left トップへ戻る