日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

〈行友弥の食農再論〉平成とコンビニ

2019年4月25日

 平成が終わる。元号が替わって世界が一変するわけではないが、来し方行く末を考えるきっかけにはなる。この30年、食と農の世界を大きく変えた要素の一つとして「コンビニエンスストア」に着目したい。
 コンビニは平成期に急拡大した。日本フランチャイズチェーン協会によると、店舗数は1988(昭和63)年に1万店を超え、89年(平成元年)には1万6466店になった。昨年末時点は5万5743店と30年間で5倍に増えた。売上高も08年に百貨店を抜き、スーパーに肉薄している。
 スーパーも同じ時期、規制緩和やモータリゼーションを背景に郊外への大型店進出が進んだ。中心市街地の商店街は「シャッター通り」になり、その穴をコンビニが埋めた。当初は若者が利用するイメージが強かったが、最近は高齢者のライフラインになっている。
 郊外の大型店立地では多くの農地が失われたが、コンビニも農業を大きく変えた。ある専門紙の試算では、小売価格100円強のおにぎりに使われる米の生産者手取りは十数円、生産費を差し引いた利益は2円程度という。
 また、コンビニ弁当に使われる食材の多くは廉価な輸入品だ。神奈川県三浦市の小学校児童らが「総合的学習」の一環として調べたところ、弁当1個分の食材の輸送距離は計16万km、つまり地球4周分だった。三浦半島はダイコンの大産地だが、地元のダイコンは使われていなかった。
 平成の終わりに、コンビニも曲がり角を迎えている。人手不足で24時間営業が厳しくなり、店主らの悲鳴を受けて「時短」実験が始まった。外国人留学生ら若い店員に交じり、中高年の店主が自ら深夜のレジに立つ姿も目立つ。特定エリアに集中出店する本部の「ドミナント戦略」で、過当競争を強いられていることも背景だろう。賞味期限が近い商品を見切り販売させず、過剰な仕入れを迫るシステムも食品ロス削減の見地から問題が指摘されている。
 とはいえ、既にコンビニは国民生活に欠かせないインフラだ。日本社会が本格的な「縮退」の時期に入った今、目先のコンビニエンス(便利さ)より持続可能なビジネスモデルを、国民全体で考えるべき時期だろう。
(農中総研・特任研究員)

日本農民新聞 2019年4月25日号掲載

folderコラム の記事

〈行友弥の食農再論〉虹の彼方へ

 年齢を重ねるうちに知人の訃報に接することが増えてきたが、今回はこたえた。農林年金理事長の松岡公明さんだ。先月28日、登山中の事故で亡くなった。享年62。あまりに若すぎた。  全中で米政策を担当されていたころ、駆け出し農政記者として取材したのが最初の出会いだ。豪放らい落な人柄にひかれたが、理想家肌で一本気なところも魅力だった。通夜で再会した全中の元幹部は「熱皿漢でね。手綱を引くのが難しい部下だっ...

〈蔦谷栄一の異見私見〉協同組合内協同でアクティブ・メンバーシップを後押し

 先の全国JA大会での決議は、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合としての総合力発揮」を目指す姿とし、(1)農業者の所得増大・農業生産の拡大、(2)地域の活性化、(3)持続可能な経営基盤の確立・強化、を重点課題とする。このために組合員のアクティブ・メンバーシップの確立が必要であり、協同組合としての役割発揮が欠かせないとしている。JA批判に対抗してJA改革が進められているが、「協同組合としての...

もっと見るkeyboard_arrow_right

folder日本農民新聞 の記事

〈行友弥の食農再論〉虹の彼方へ

 年齢を重ねるうちに知人の訃報に接することが増えてきたが、今回はこたえた。農林年金理事長の松岡公明さんだ。先月28日、登山中の事故で亡くなった。享年62。あまりに若すぎた。  全中で米政策を担当されていたころ、駆け出し農政記者として取材したのが最初の出会いだ。豪放らい落な人柄にひかれたが、理想家肌で一本気なところも魅力だった。通夜で再会した全中の元幹部は「熱皿漢でね。手綱を引くのが難しい部下だっ...

アイキャッチ

日本農民新聞 2019年5月25日号

日本農民新聞 2019年5月25日号

このひと   JA青年組織とJA改革   全国農協青年組織協議会 会...

もっと見るkeyboard_arrow_right
keyboard_arrow_left トップへ戻る