日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える|日刊アグリ・リサーチ|農業情報調査会

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える『日刊アグリ・リサーチ』

媒体案内・ご購読案内

メール版の見本

JA鹿児島県中央会の山野会長が斉藤健農相に「31年度畜産物対策に関する現場からの提案と要請書」を提出(農水省大臣室で)

事務次官に末松氏、林野庁長官に牧元氏=7月27日付 他

2018年7月25日(水)発行 第13251号 JA鹿児島県中央会の山野会長〔中央左〕らが斉藤農相に「31年度畜産物対策に関する現場からの提案と要請書」提出= 24日(農水省大臣室で)<関連記事7ページ> 主な内容 ◎事務次官に末松氏、林野庁長官に牧元氏=7月27日付

平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見(ロコ・ソラーレ)の五選手がJAビルを訪れた。

LS北見が全農を訪問

 平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見(ロコ・ソラーレ)の五選手が二四日、東京・大手町のJAビルを訪れ、カーリング女子日本代表をオフィシャルスポンサーとして支援するJA全農に、『報奨米一〇〇俵』のお礼と大会での結果を報告した。  藤澤五月・本橋麻里・鈴木夕湖・吉田夕梨花・吉田知那美の各選手からは、海外遠征時に炊飯器を持参し国産米を炊いていること、試合中の栄養補給を行う〝もぐもぐタイム〟など食にまつわるエピソードが語られた。また、全農職員から「ご飯のお供に好きなものは」と質問を向けられた五選手はそれぞれ、「海外に行くと梅干しが食べたくなる」(本橋)、「ご飯にすき焼き味のフ...

  1. 1
  2. ...
  3. 24
  4. 25
  5. 26
  6. 27
keyboard_arrow_left トップへ戻る