日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える|日刊アグリ・リサーチ|農業情報調査会

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える『日刊アグリ・リサーチ』

媒体案内・ご購読案内

メール版の見本

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月30日(火)

〈主な内容〉 ◎口蹄疫等特定家畜伝染病予防指針を一部改定へ=農水省  国は農研機構が実施する口蹄疫に関する研究の推進等明記 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 30 徳島県  「とくしま三大香酸かんきつ」をリーディングブランドに販路拡大等 ◎森林組合トップセミナー開催、約360名が参加=全森連・農中 ◎紙芝居学ぶ「家の光読書ボランティアスキルアップ講座」基礎編を開催 ◎農林水産省主要異動者の略歴6. ◎18年度は共同購入で21.5億円の還元効果=文化連 行事日程 今週の農業界の動き ホット・ポイント 『分かち合う農業 CSA』

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月29日(月)

〈主な内容〉 ◎全農が通常総代会開き30年度事業報告等7議案を承認  新理事長に山﨑氏、新専務に野口・桑田両氏など  取扱高4兆5925億円など計画上回る=全農決算内容  「全農の事業を拡大し、会員への還元を最大化」と山﨑新理事長 ◎早期米の作柄=高知・宮崎・鹿児島で「平年並み」または「やや不良」 ◎「農業における事業性評価」セミナー  みのり監査法人理事長らが講演=事業性評価研究所 ◎JA貯金残高6月末は前年同月比1.5%増の104.8兆円 人事 全農 ホット・ポイント 戦闘機か集落営農か 訃報 伊藤竹雄氏(元全農管財㈱専務取締役)

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月26日(金)

〈主な内容〉 ◎「全役職員が一丸となって職務に邁進」と市村会長=JA共済連総代会  専務に石戸谷氏、常務に岩下・高橋・早水各氏、監事に三間氏  直接事業収益は116.5%の5兆3286億円 ◎全農が「共同購入トラクター」第2弾に着手  中型機開発をメーカー4社に要求、来年10月供給開始 ◎北海道と東北の一部で斑点米カメムシ類発生に注意  病害虫発生予報(水稲特集)を発表=農水省 ◎コープさっぽろが「北海道SDGs推進プラットフォーム」を設立 ◎新資材バイオスティミュラント周知にむけ第2回の講演会開く ◎新世紀JA研究会が新たなJA運動へ提言  准組合員を「食と...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月25日(木)

〈主な内容〉 ◎30年農業交易条件指数は4年連続で上昇=農水省調べ  農産物価格指数は3%、農業生産資材価格指数は1.9%上昇 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 29 宮崎県  経営資源承継の仕組み構築、スマート農業の牽引人材育成等で新規就業者支援 ◎30年度事業報告等6議案を承認=JA全厚連通常総会  「地域医療と医師の健康が両立できる対応を」と雨宮会長 ◎農中シンガポール支店が現地日本人学校で食育授業 ◎2018年度JAバンク優績店舗表彰・JAカード店舗表彰 人事 パラオ大使に柄澤彰氏 ホット・ポイント 土は生命の循環する場所

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月24日(水)

〈主な内容〉 ◎農中、三菱UFJニコス、JAカードが表彰式を共同開催  JAバンク優績店舗とJAカード店舗を表彰 ◎「輸出対策強化特別チーム」を創設=農水省 ◎アフリカ豚コレラ感染肉の密輸容疑でベトナム人留学生を逮捕 ◎農業分野での技能実習制度をテーマにフォーラム開催=JICA ◎豚コレラのワクチン使用について否定的な見解示す=農相 ◎第3回和牛甲子園参加校を募集=全農 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 28 茨城県  オリジナル品種の梨「恵水」と銘柄豚肉「常陸の輝き」のブランド力強化へ ◎農林水産省主要異動者の略歴5. ホット・ポイント 地域一体となった...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月23日(火)

〈主な内容〉 ◎山田俊男氏が21.7万票で3度目の当選=25回参院選  与党過半を上回る、礒崎・平野氏は苦杯 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 27 熊本県  大区画化や担い手への農地集積など未来につながる創造的復興に力 ◎「棚田カード」を作成、魅力を紹介=農水省 ◎農林水産省主要異動者の略歴4. 人事 農水省 企業情報 中央コンピュータシステム/共栄火災、等 行事日程 今週の農業界の動き 訃報 多山忠正氏(元科学飼料研究所社長)

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月22日(月)

〈主な内容〉 ◎全農がJAの経営基盤強化に向け全国共通の新規支援策検討  就農マッチングサイトの創設や人材バンクの立ち上げなど ◎中小企業等経営強化法に基づく農業分野の指針案公表=農水省  実施事項は「農業経営マネジメント」「農畜産物の付加価値向上」等 ◎農中が「ゼロエミッション東京」の実現を目指す都にCO2超過削減量を寄付 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 26 高知県  「次世代型施設園芸システム」を最先端研究でNext次世代型へ飛躍的に進化 ◎第64回全国野菜園芸技術研究会熊本大会開く  5年先の『食』と『野菜』を考えて、等テーマに ◎農林中金千葉支店...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月19日(金)

〈主な内容〉 ◎農作物栽培施設への用途変更で国交省の技術的助言通知を受け  農水省が農政局通じ県・市町村関係部局や日施協等に周知徹底 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 25 山形県  高度な人材育成推進へ、専門職大学設置に向けた基本構想 ◎JA共済マルシェを開催、北海道・東北地方の野菜・果物を直売=JA共済連 ◎有村架純さんらを起用したTV-CM第3弾を放映へ=JA共済 ◎「食の技術」総合トレードショーに10万人=国際食品工業展 ◎第29回日本SPF豚研究会が総会・研究集会を開催 ◎農林水産省主要異動者の略歴3. 企業情報 JA全農青果センター/ファームアイ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月18日(木)

〈主な内容〉 ◎農山漁村の地域課題解決に向けた新たな取組=農水省  全国3地域でディスカッションイベント「アイデアソン」 ◎都道府県協同組合連携組織の全国交流会議を開催=JCA  「地域の持続可能性への貢献」テーマにグループワーク等 ◎地域でICT推進の取組ガイドライン作成=総務省 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 24 石川県  他にはない優れた食材ブランドの価値向上へ、生産・販路拡大・魅力発信等 ◎小学生対象に「おむすびキッズコンテスト」開催=家の光等 人事 JA共済連(県本部長) 列島情報 JA全農とくしま 企業情報 サタケ ホット・ポイント ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月17日(水)

〈主な内容〉 ◎新JAS規格に人工光型植物工場の葉菜類の栽培管理  取引の円滑化や植物工場の海外展開への寄与等に期待 ◎アジア地域のアフリカ豚コレラ専門家会合を都内で開催へ  農水省検知探知犬の増頭や国内線空港の消毒用的設置支援等 ◎JA自動車損調サービス担当者全国交流集会開く=JA共済連  自動車損調部門における一体感の醸成と取組意識の向上へ ◎食の安全や農薬のことを学ぶセミナー開く=農薬工業会北海道支部 ◎長野県で野生イノシシの豚コレラウイルスの感染を確認 人事 農水省 企業情報 Aコープ九州/明治/ヤンマー 製品紹介 自動運転農機「アグリロボトラクタMR...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月16日(火)

〈主な内容〉 ◎県1JAへ「組織再編協議会」を設立=秋田中央会  24年度に実現目指す、営農経済事業にオール秋田体制で ◎新ペットボトル無菌充填ライン稼働=えひめ飲料 ◎30年度優績ライフアドバイザー1127名を表彰=JA共済連 ◎農中秋田支店が県農業法人協会と農業経営者トップセミナー開く ◎初任者向け「教育文化・家の光プランナー専修講座」開く=家の光協会 ◎令和2年度のJA経営マスターコースの受講者募集へ=全中 列島情報 JA紀州 企業情報 全農物流 ホット・ポイント 人口減少社会を救うカギは農村に

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月12日(金)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 全野研の役割と想い  全国野菜園芸技術研究会会長 渋谷忠宏氏 ◎全国町村会が「これからの自治体農政のあり方」テーマにシンポ  「自治体農政とは何か、その現実や可能性、そして未来」論ず ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 23 兵庫県  経営体質・生産基盤強化へ農業経営体の法人化を推進等 ◎食品製造業における労働力不足克服に向けた「ビジョン」公表=農水省  「従業員のやる気育成」や「IT等の導入による生産性向上」など ◎農林水産省主要異動者の略歴2. ◎乾椎茸第8回入札会開催、平均値は3963円の強含み=全農 ◎小型GNSS受信...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月11日(木)

〈主な内容〉 ◎肥育牛起立困難検知システム「うしらせ」資産譲渡契約  肥育生産者向けサービスに参入へ=ファームノート ◎JICAの農業、技能実習等テーマのフォーラムに協力=全中 ◎ドライバーの働き方改革やコンプラ確保へ新制度施行  トラック運送事業者に対する荷主の配慮義務の新設など ◎ディーセント・ワークと経済成長実現へ国際協同組合デー記念集会開催 ◎農林水産省主要異動者の略歴1. ◎岐阜・加茂郡七宗町の農場で31例目の豚コレラの疑似患畜確認 ◎鹿児島県知事が農水省に大雨被害に対し農地等の復旧への支援等要請 JA県域人事 島根/沖縄 ホット・ポイント 北海道の...

浅川京子大臣官房総括審議官

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月10日(水)

〈主な内容〉 ◎32信農連の2018年度決算状況(速報)=農林中金まとめ  当期剰余金は1287億円、自己資本比率は15・6% ◎病害虫の蛾「ツマジロクサヨトウ」のまん延防止で緊急対策を実施=農水省 ◎食料・農業・農村政策審議会新会長に髙野克己東京農業大学学長 ◎地方で抱える診療報酬の課題解決を厚労省に要望=地域医療を守る病院協議会 ◎エーコープマーク品初の機能性表示食品「エーコープ緑茶plus」を発売=全農 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 22 新潟県  「園芸」を米に続く新たな経営の柱に、農業者・産地を総合的に支援等 ◎農水省がホクレンくみあい・雪印飼料...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月9日(火)

〈主な内容〉 ◎全農が複合リゾートのアクアイグニス社と地域振興協定 「食」テーマの余暇施設で農畜産物通じて地域活性化促進 ◎農水省が「今後の肥料を考える」シンポ ◎愛知・長久手の農場で30例目の豚コレラ疑似患畜 ◎JAアクセラレーター参加企業が学生向けに取組みをPR ◎SDGs未来都市に31都市を選定=政府 ◎全農が全日本一輪車競技大会に協賛 人事 農水省 JA県域人事 福島/長野/山梨/福井/京都/兵庫/広島/長崎 企業情報 吉野家 行事日程 今週の農業界の動き

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月8日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 新中期経営計画の方向とポイント ㈱農林中金総合研究所代表取締役社長 齋藤真一氏 ◎農水省が畜産部会開き、次期酪肉近視野にヒアリング  飛騨ミート農協連等食肉流通関係4団体・企業が課題等訴え ◎食農ビジネスフォーラム2019を開催=農林中金  「生産・流通・消費をつないで付加価値を」と奥理事長 ◎農業用ドローン普及拡大に向け飛行実証PJの実証プラン募集=農水省 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 21 京都府  農業と観光を結び付け、地域ブランド価値の向上等 ◎ナフィールドジャパン発足、国際農業奨学金制度に参画  農林中央金庫が...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月5日(金)

〈主な内容〉 ◎JAグループ災害対策中央本部を常設化=全中  「災害対応をより迅速・効果的に」と中家会長 ◎第25回参議院選挙4日公示、選挙戦展開へ ◎6月下旬からの大雨で農業被害(4日朝現在)は新潟・石川でも農地等被害 ◎全農が「お米産業展」に共同出展、お米の食べ方提案や米加工商品を紹介 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る ⑳岡山県  5ha規模の白桃・ぶどう産地づくり支援のハイブリッド産地育成推進事業等 ◎福島県中・全農福島・農中福島支店が「ふくしま100町歩研究会」を開催 ◎和歌山・JA紀の里と農中大阪支店等が「フルーツマルシェ」開催 ◎4Hクラブが総会...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月4日(木)

〈主な内容〉 ◎乳用牛、豚等の戸当り飼養頭羽数は前年比増  畜産統計(31年2月1日)を公表=農水省 ◎6月下旬からの大雨で農林被害(3日朝現在)は水田80aに土砂流入等 ◎「食かけるプロジェクト」への参加機運醸成へフォーラム開催=農水省 ◎建設会社が農業等への複業事例を発表=建設トップランナー倶楽部 人事 農水省 企業情報 JA-LPガス情報センター/全農パールライス/全農食品/JA設計

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月3日(水)

〈主な内容〉 農水省幹部人事  審議官・大澤、林野・本郷、水産・山口各氏  官房長・枝元、生産・水田、経営・横山、農振・牧元各氏 ◎農中が再エネ発電設備の施工・販売事業者4社と提携  発電の活用でJA組合員の所得向上、地域活性化等に貢献 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る ⑲愛媛県  県オリジナル良食味米「ひめの凜」の生産体制整備とブランドの確立等 ◎プロ農業者の観点で政策提言=日本農業法人協会  法人育成強化や物流など生産性と持続可能性に重点 ◎JA全中が教育センターの平田東助像を山形県米沢市に寄贈へ 人事 4Hクラブ会長に首藤氏/農林中央金庫 ホット・...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年7月2日(火)

〈主な内容〉 ◎農業組織経営体数が増加=31年農業構造動態調査  経営耕地面積規模別では10ha以上が増加、10ha未満は減少 ◎JA全農インターナショナル等が輸出専用日本酒ブランドを開発、英国販売へ ◎「人・農地プラン実質化の取組強化、関係機関等と連携」と二田会長=農業会議所総会 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る ⑱宮城県  米の新品種「だて正夢」「金のいぶき」の首都圏での認知度向上、需要拡大等に力 ◎7月16・17日に第64回全野研「熊本大会」開催へ  「5年先の『食』と『野菜』を考えて、いま、すべきこと」テーマに ◎乾椎茸第7回入札会開催、平均値は326...

  1. 1
  2. ...
  3. 11
  4. 12
  5. 13
  6. ...
  7. 17
keyboard_arrow_left トップへ戻る