施設と園芸161号(2013年春)特集:宮城県の震災復興と施設園芸・植物工場

2013年4月26日

巻頭言宮城県の震災復興と施設園芸・植物工場「施設と園芸」161号

大学教育と人材育成

明治大学農学部黒川農場 特任教授 小沢 聖

論説・解説

平成24年度補正・平成25年度農林水産省施設園芸・植物工場関連予算

((前)農林水産省 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 課長補佐  堀川 昌昭)

特集宮城県の震災復興と施設園芸・植物工場

震災復興と野菜茶業研究所の取組み

(農研機構 野菜茶業研究所 野菜生産技術研究領域長 高市 益行)

宮城県亘理町、山元町における震災復興の取組み

((前)宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班 技師 漆山 喜信)

民間における震災復興の取組み

(㈱三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部主任研究員 伊藤 保)

技術情報

低濃度エタノールを用いた土壌還元消毒法
(千葉県農林総合研究センター 生産技術部 野菜研究室 主席研究員 大木 浩)

光合成を最大化する環境制御装置の実用化
(ダブルエム研究所 代表・千葉大学 特任教授 狩野 敦)

産地・生産者情報

  • 愛知県田原市のトマト生産と環境制御への取組み
    (愛知県東三河農林水産事務所 田原農業改良普及課 齋藤 俊久)

海外情報

  • 連載/北アメリカの園芸産業-その2-米国における施設園芸事情
    (米国アリゾナ大学 農学生命科学部 教授 久保田 智恵利)
  • 2012スペイン・オランダ施設園芸現地研修ツアーに参加して((前)農研機構 近畿中国四国農業研究センター傾斜地園芸研究領域 木下 貴文)

園芸関連製品ガイド

  • サカタのタネ 高温・低温・乾燥・塩害に強くする有機の液肥 「サカタ液肥GB」
  • イシグロ農材 オリジナルのヤシガラ培地使用の隔離栽培システム「ココフィールド」
  • ネポン 低コストヒートポンプを新発売「誰でもヒーポン」
  • みかど協和 苗半作、苗は培土が肝心「オリジナル培土シリーズ」
  • 渡辺パイプ 画期的な防錆加工で圧倒的な長持ち実現「スーパーチギワガード」塗装の高耐食性能温室用パイプ

ミニ情報

  • 変夜温管理栽培がトマトに及ぼす影響
    (群馬県農業技術センター 野菜第二係 本間 素子)
  • 無加温ハウス育苗でも高品質ブロッコリーが4月に収穫可能
    (東京都農林総合研究センター 園芸技術科 沼尻 勝人)
  • 閉鎖型高設栽培システムによる「復興イチゴ」生産拡大
    (岩手県農業研究センター 農業経営研究室主査専門研究員 山田 修)
  • 植物工場三重実証拠点の紹介
    (三重県農畜産課 園芸特産振興グループ 山本 有子)
  • 白色LEDを用いた補光によりバラの収穫本数が増加
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 花き研究室 原田 太郎)
  • 高温に強い黄輪ギク品種‘夏日和’の推進
    (福岡県園芸振興課 花き係 岡部 良樹)
  • 施設イチゴのコンフューザーVによるヨトウムシ類防除
    (神奈川県農業技術センター 普及指導部 野菜課 堂田 奈穂子・松田 広子)
  • スイートピーに対するLEDの電照効果
    (大分県農林水産研究指導センター 農業研究部花き担当 吉松 修治)
  • ハウス屋根の片面遮光で夏場のチンゲンサイを安定生産
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 農産園芸部 渡邉 圭太)
  • 短時間昇温よるコチョウラン‘なごり雪’の生育の改善技術
    (山梨県総合農業技術センター 八ヶ岳試験地 藤木 俊也)
  • 味がよいトマト黄化葉巻病耐病性品種‘アイタキ1 号’を開発
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部 野菜研究室 田中 哲司)
  • 北海道施設園芸高度化フォーラムを開催
    (北海道農産振興課 園芸グループ主幹 江口 祐子)
keyboard_arrow_left 園芸情報センタートップへ戻る