日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農林中金|JAバンク等

第6期生が自らの経営計画を披露、日本農業経営大学校が「卒業研究発表会」

 一般社団法人アグリフューチャージャパン(AFJ)が運営する農業経営者育成機関「日本農業経営大学校」は14日、都内で第6期生(2年生)による「卒業研究発表会」を開いた。3月末で卒業予定の14名が、同校で2年間学んだことの集大成として、自身が思い描く農業経営のビジョンに向けて、卒業後どこでどのような農業を実践するのか、具体的な採算性はどうか、どのように地域と社会に貢献するかなど、農業経営者としての今後のあり方も含めた計画を発表した。  堀口健治学校長は、学生一人ひとりの事業・経営計画を発表する最終の機会である同発表会の意義を強調し激励。学生たちは、看護師の経験を活かし農福連携の新たな可能性に挑...

農林中央金庫秋田支店と県農業法人協会が「パートナー研修会」開く

 農林中央金庫秋田支店はこのほど、秋田県農業法人協会若手会(=若手会)と共催で、パートナー研修会を開催した。  研修会は、将来の秋田県農業を担う県内の若手農業者同士の関係構築、農業経営における課題解決に加えて、次代を担う後継者の育成を目的としたもので、会員など約40名が参加した。  生産者と販売者の双方にメリットのある流通プラットフォーム「農家の直売所」を展開し、2016年に農業ベンチャー初の東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した㈱農業総合研究所の代表取締役会長/CEOである及川智正氏が講師を務め、「ゼロから上場まで!~新しい農産物流通への挑戦~」と題して講演。現在のビジネスモデルに至っ...

神奈川県産材を利用した木製品を茅ケ崎市に寄贈=農林中金・神奈川森連

 農林中央金庫関東業務部は、神奈川県森林組合連合会と共同で、茅ヶ崎市に神奈川県産材で製作した学習机40脚、木育キット(コースター121個)を寄贈した。  農林中金は、農林水産業の協同組合を基盤とする金融機関として、農林水産業振興や社会への貢献を目指したCSR活動に取組んでおり、森林・林業分野では、森林組合系統や地域の林業関係者と連携して、公共施設への木製品寄贈や、子どもたちへの木育活動等、木のぬくもりや、森林の大切さを伝える取組みを行っている。  今回寄贈された学習机は、特殊加工によって、高い表面硬度と軽量化が実現されている。茅ヶ崎市立西浜小学校の教室に設置され、児童に利用される。また、コ...

新監事に伊藤氏=農林中金〔6月24日付〕

 農林中央金庫は14日、6月24日開催の通常総代会で選任、同日付で就任する予定の監事候補者に伊藤玲子執行役員業務監査部長を決定した。秋元清次常勤監事は6月24日付で、戸髙聖樹・中島隆博両常務執行役員は3月31日付で退任する。

人事|農林中央金庫=4月1日付

 ▽営業企画部部長〔森林担当〕(営業第五部部長〔森林担当〕)田中正彦▽同〔法人融資担当〕(営業企画部部長〔企画実践担当〕)長尾晋次▽同部参事役(株式投資部長)石川英機▽同(出向・系統債権管理回収機構㈱)川崎信一郎▽同(シンガポール支店長)杉本真▽デットキャピタルマーケット部長(出向・みずほ証券㈱)山崎誠次郎▽JAバンク業務革新部副部長(山口営業所長)桐原豊彦▽系統人材開発部長(山形支店長)宮治仁志▽株式投資部長(統合リスク管理部副部長)藤井英孝▽事務企画部部長〔JASTEM要件定義担当〕(事務企画部部長〔JASTEM・系統決済担当〕)原田耕一▽統合リスク管理部部長〔信用リスク管理担当〕(審査部...

農林中金福岡支店と大分県森連が小学校に木育授業、木製品を寄贈

 農林中央金庫福岡支店と大分県森林組合連合会はこのほど、「木製品の素晴らしさ」を広めるため、大分市立東稙田小学校5年生に本棚を製作する木育授業(木工教室)を実施、学校の全クラスに大分県産材を使用した多目的用ボックス〔棚〕18基を寄贈した。木製品は大分県産スギの間伐材が使用され山国川流域森林組合が製作、農林中金が費用助成した。  現在、国内の森林は資源としての成熟期を迎え、木材利活用とその前提となる森林整備の必要性や森林の多面的機能の発揮(水源涵養・災害防止・生物多様性保全・地球温暖化防止等)に対する期待が高まっている中で、大分県森連は、地域の森林整備の中心的な担い手として森林の持つ多面的機能...

農林中金大阪支店が「食農ビジネスセミナー」を開催

 農林中央金庫大阪支店はこのほど、大阪市内で「2019年度食農ビジネスセミナー」を開催した。  講演会では㈱日本総合研究所創発戦略センターの三輪泰史エクスパートが「スマート農業の現在地について」、inaho㈱の菱木豊代表取締役CEOが「RaaSモデルによる次世代農業パートナーシップ」と題して講演を行った。会場には企業、農業法人、系統団体等を含め約150名が参加した。  講演にあたり、農林中金の金丸哲也代表理事専務は、農林水産業・食・地域における課題の解決に向けて取り組む農林中金の食農ビジネスの方向性について説明のうえ、「本日のセミナーを契機として、参加者みなさまの力をお借りしつつ、『農林水...

農林中金・セコム等が食品防御トップセミナー開催

農林中金・セコム等が食品防御トップセミナー開催

 農林中金、日本食品検査、セコムが2月6日、東京・大手町のアグベンチャー・ラボで「食品防御トップセミナー」を共催。テーマは「フードディフェンス!攻めのマネジメントに向けて」。  農林中金とセコムは、2018年12月、食品の安全・安心・安定供給のため、食品関連施設の「食品防御」に関わる物理的なセキュリティ対策の普及促進に向けて協働を発表、その具体的取り組みの一つとして開催した。食品関連企業のトップをはじめ品質管理部門のマネジメント層約60名を招待し、「食品防御」をめぐる情勢と対策のポイントを解説するとともに交流・意見交換した。

県内農業者へ自然災害からの復興念頭にセミナー開催=農林中金千葉支店等

 農林中央金庫千葉支店と一般社団法人千葉県農業協会は3日、県内農業者の所得向上に寄与することを目的にした今年度2回目の「農業セミナー」を千葉市内のホテルで開催した。今回のセミナーは、昨年県内に大きな被害をもたらした台風・大雨からの復旧・復興を念頭に置き、「台風・大雨被害を乗り越えて~ピンチをチャンスに変える取組み」をテーマに2部構成で行われた。県内農業者や農業関連団体関係者ら約80名が参加した。  冒頭、千葉県農業協会の長嶋透会長が「台風や大雨による被害、全国的なCSFの流行や暖冬等、次に何が起こるか見通せない状況だ」「災害時に自らの経営をいかに支えるか考え、今後のプラスにしてほしい」と挨拶...

農林中金・セコムが食品防御トップセミナー

 農林中金、日本食品検査、セコムが共催し「食品防御トップセミナー」を6日、東京・大手町のアグベンチャー・ラボで開催した。テーマは「フードディフェンス!攻めのマネジメントに向けて」。  農林中金とセコムは、2018年12月、食品の安全・安心・安定供給のため、食品関連施設の「食品防御」に関わる物理的なセキュリティ対策の普及促進に向けて協働を発表したが、その具体的取り組みの一つとして開催したもの。これには、食品関連企業のトップをはじめ品質管理部門のマネジメント層約60名を招待し「食品防御」をめぐる情勢と対策のポイントを解説するとともに交流・意見交換した。  はじめに、主催者を代表して、中山泰男セ...

農林中金福岡支店と鹿児島県森連が「木育授業」

 農林中央金庫福岡支店と鹿児島県森林組合連合会はこのほど、鹿児島県長島町獅子島の小中学生を対象に、木の良さや森林の大切さを学ぶ「木育授業」を行い、46名の児童が参加した。  県森連職員による授業では、写真や動画を交え、視覚的にも楽しめる内容であったことから、子どもたちは熱心に耳を傾けていた。また、鹿児島県北薩地域振興局職員からは、長島地域の林業について説明。枯葉や小枝が混ざった土と、砂を比べた時に前者のほうが、水が隙間に入り蓄えられ、土砂が流れづらいことを実験で示し、森林を保全することが防災にも役立つことを分かりやすく説いていた。  なお、鹿児島県では、毎年、鹿児島県森連と農林中金が県内の...

農林中金大阪支店が大阪府立上方演芸資料館へ大阪府産材を使った木製品を寄贈

 農林中央金庫大阪支店(福田仁支店長)は3日、大阪府産材を利用した木製品を大阪府(吉村洋文知事)に寄贈し、大阪府立上方演芸資料館で贈呈式が行われた。寄贈品は大阪府森林組合が製作した。農林中金では、農林水産業を基盤とする金融機関として、食・環境・地域社会に深くかかわる農林水産業への貢献を社会的な使命としている。その中でも、国産材の利用促進や、木材の良さを知ってもらうための取り組みの一環として、県産材を使った木製品の寄贈を全国的に展開している。  今回、寄贈された木製品は、スツール20脚、木製イーゼル10台、木製イーゼル台10台、木製展示台1台、木製演台1台、拍子木3組。上方演芸資料館で、設置・...

JAバンク群馬担い手向け専任担当者会議開く=農林中金前橋支店

 農林中央金庫前橋支店はこのほど、JAバンク群馬担い手向け専任担当者会議を開き、担い手向け専任担当者や農業金融担当者、TAC等約40名が出席、優良事例の展開や、意見交換を行った。  同会議は、昨年度開催した「JAバンク群馬担い手金融リーダー会議兼農業金融担当者交流会」に代わるものとして、名称を「担い手向け専任担当者会議」として開催。冒頭、同支店から、担い手向け専任担当者の役割や、モデルケース等を説明。その後JAから、自JAにおける取組事例の紹介が行われた。また、群馬県内で主に露地野菜の栽培を営む、農業法人の代表者が「農業の課題・JAの課題」と題し、講和を行い、農業経営に関する課題とJAに期待...

JA福島中央会・JA全農福島・農林中金福島支店が「ふくしま100町歩研究会」を開催

 農地面積100町歩(約100ha)規模の生産を手掛ける大規模水稲生産法人を会員とした「ふくしま100町歩研究会」の第3回目となる会合が1月31日、福島市のJA福島ビルで行われた。  同研究会は、JA福島中央会、JA全農福島、農林中央金庫福島支店が発起者となり2019年3月に発会した。JAグループが研究会ネットワークの架け橋機能を果たし、東北農政局・県・農業振興公社等の行政および農業関係機関と連携しながら、大規模水稲生産法人の抱える課題の解決や、更なる事業の発展に繋がる新たなビジネスモデルの創出等を後押しし、県産米の競争力・ブランド力強化、ひいては県内農業の振興と地域活性化を目指す、ことがね...

農林中金福島支店が相馬地方森組と連携、新地町へ木製品を寄贈

 農林中央金庫福島支店は、相馬地方森林組合と連携し、新地町に昨年12月に開園した釣師防災緑地公園へ震災前の地区内の様子をかたどったジオラマを展示する展示台、野外用テーブルベンチ2セットを寄贈した。  釣師地区は、東日本大震災による津波で防波堤が破壊され、地区全域が流出・全壊し、壊滅的なダメージを受けた。震災後は災害危険区域に指定されていたが、町が買い上げ、津波の勢いを和らげる効果を持つ防災緑地公園として整備した。また、管理棟内には震災前の当地区の様子を復元したジオラマを展示するなど震災前の様子を後世に残していく施設としての一面も併せ持つ。  このほど行われた目録の授与式に、新地町からは大堀...

「施業高度化サミット」開き森林の集約化施業等のノウハウを共有=農中・全森連

 農林中央金庫と全森連は27・28の両日、都内で「第7回施業高度化サミット」を開催した。同サミットは、農林中金が創立80周年事業として創設した「公益信託 農林中金80周年森林再生基金(FRONT80)」、26年度からの後継基金である「公益信託 農林中金森林再生基金(農中森力基金)」の助成を受けて先駆的な取組を行っている森林組合が一堂に会し、森林の集約化施業等のノウハウを共有するための催し。基金助成先の森林組合・連合会、非助成先の森林組合等から約80名が参加した。  全森連の肱黒直次代表理事専務と農林中金の岩曽聡常務執行役員がそれぞれ主催者挨拶した。  肱黒氏は「森林環境税及び森林環境譲与税...

農林中央金庫がJAバンク担い手金融リーダー全国大会開催

農林中央金庫がJAバンク担い手金融リーダー全国大会開催

農林中央金庫が1月23・24の両日、千葉県内のホテルで第15回JAバンク担い手金融リーダー全国大会を開催。総合事業力の一層の発揮をテーマに、信用部門職員とTAC(営農経済部門職員)が基調講演やグループ討議等を通じて、JAでの事業間連携により農業者の課題の解決力向上を図ることを目的としたもの。JAバンクの農業金融推進の実務リーダーである「担い手金融リーダー」や全国各地のJAのTAC、JA全中・JA全農・農水省等関係団体から約240名が参加した。

JA貯金残高12月末は前年同月比0・8%増の105・5兆円

 農林中金が24日に公表した2019年12月末の全国JA貯金・貸出金残高速報によると、貯金は個人貯金等の流入により、11月末に比べ6089億円(0・6%)増加した。前年同月比では7918億円(0・8%)増加し、残高は105兆5134億円となった。  貸出金残高は、農業資金償還等により11月末に比べ771億円(0・4%)減少、前年同月比では4870億円(2・4%)増加の21兆346億円となった。

農林中金ファシリティーズ社長に八木氏

 農林中金ファシリティーズ㈱は23日の取締役会で、1月29日付で代表取締役社長に取締役〔非常勤〕の八木正展農林中金常務執行役員、代表取締役専務に石川雅志専務取締役を充てる役員人事を決定した。種田宏平代表取締役社長は退任し、30日付でクミアイ化学工業㈱監査役に就く。

農林中金とNZAMがESGテーマ型J―REIT運用商品を開発・投資

 農林中央金庫(奥和登代表理事理事長)は、グループ会社である農林中金全共連アセットマネジメント㈱(=NZAM、吉田一生代表取締役社長)とともに、国内初となる、銘柄選定プロセスにGRESB(*1)リアルエステイトを活用したJ―REIT(*2)に特化した運用商品を共同で開発、農林中金から100億円の投資を行った。8日発表した。   J―REIT市場と国内不動産市場の成長に伴い、近年、ESGに対する取組みの重要性が高まっている。こうしたことを背景に、農林中金とNZAMは、不動産投資における主要なESG指標であるGRESBを活用し、グローバル基準で高い評価を得たJ―REITを選別、独自の分析モデルも...

  1. 1
  2. ...
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. ...
  7. 16
keyboard_arrow_left トップへ戻る