日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農林中金|JAバンク等

人事|農林中央金庫= 10 月1日付

 ▽営業企画部副部長(宮崎営業所長)椛島鉄太郎▽事務企画部副部長( 鳥取営業所長)田中忠庸▽千葉支店副支店長(和歌山営業所長)窪田哲也▽和歌山営業所長(事務企画部副部長) 湯山弘二▽鳥取営業所長(秋田支店次長)田代和広▽宮崎営業所長(審査部部長代理)千藤賢二

農林中金福島支店がJA福島さくらのタマネギ生産拡大へ支援

 農林中央金庫福島支店( 望月大輔支店長) は2 日、JA 福島さくらが管内の「ふたば地区」で取り組むタマネギ生産拡大にかかる資機材購入費に対して助成した。  この支援は、農林中金の復興支援プログラム「営農再開支援」によるもの。福島県の「ふたば地区」は、福島第一原発事故により8町村全てが避難指示の対象となった地域。避難指示は順次解除されてきたが、一部町村では住民帰還や農業復興は大幅に遅れており、風評被害も未だ根強く残る。特に、富岡町と浪江町は、避難指示解除が2017年3~4月と他被災地と比べて遅く、営農再開の目途がやっと見えてきた段階。  同JAでは、2017年に「ふたば地区園芸生産組合」...

移転 |系統サービサー

 系統債権管理回収機構㈱(系統サービサー)は9月24日から左記に本店を移転する。  住所 〒170―0013 東京都豊島区東池袋3丁目23番14号ダイハツ・ニッセイ池袋ビル3階  電話 03―5904―9591

JAバンクが令和元年8月の大雨災害の「相談」対応

 JAバンク(JA・信農連・農林中央金庫)は、令和元年8月の前線に伴う大雨による災害により被害にあった利用者に対する融資等に関する相談を、利用のJAバンク店舗で受け付けている。利用のJAバンク店舗での対応が困難な場合の相談窓口は「JAバンク災害等相談窓口」(https://www.nochubank.or.jp/consult/urgency/jabank.html)に掲載されている。また、JFマリンバンク(JF・信漁連・農林中央金庫)でも同様の対応を行っている。

大雨被災者へ金融上の措置=農林中金

 農林中金は29日、令和元年8月の前線に伴う大雨により、災害救助法が適用された佐賀県10市10町内の被災者に対して、①預金証書、通帳を紛失した場合でも、本人と確認した上で支払について柔軟な対応を行う、②届出の印鑑のない場合には、拇印で応じる、③事情により定期預金等の期限前払戻しについても応じる、④今回の災害のため支払期日が経過した手形の取立について、事情により対応を検討する、⑤今回の災害のため支払いができない手形・小切手の不渡報告への掲載及び取引停止処分、また、電子記録債権の取引停止処分または利用契約の解除等についても事情によって対応を検討する、⑥損傷した日本銀行券や貨幣の引換えに応じる、⑦国...

JAバンク福島窓口担当者交流大会開かる

 JAバンク福島は27日、郡山市のアニエス郡山で、「第2回JAバンク福島 窓口担当者交流大会」を開いた。  窓口業務にかかる優良取組みの共有等により、自己研鑽を図るとともに、他JAの担当者との情報交流・意見交換を通じて、更なるレベルアップ、モチベーションアップにつなげてもらうことを目的としたもの。   JAバンク福島が主催するメイン化コンクール2019・窓口担当者表彰上位者等約70名が参加し、交流を深めた。また、元全日本空輸(ANA)客室乗務員の吉永由紀子氏が「良い印象を与えるコミュニケーション術~顧客満足はALL FOR YOUの精神から」と題して講演した。

農林中金バリューインベストメンツが「投資」規格拡大に向け協業

 農林中金のグループ会社で投資運用業を行っている農林中金バリューインベストメンツ㈱(=NVIC、新分敬人代表取締役社長)とマーケティング支援会社の㈱刀(森岡毅代表取締役CEO)は27日、協業を開始したと発表した。今回の協業により、「投資」を消費者にとって身近で分かりやすいものとすることを目指す。具体的には、消費者調査・分析等をふまえて、ブランド戦略構築とそれに基づくコミュニケーション開発等に着手したほか、ツイッターなどのSNSを開設し、投資に関心を持つ人に向けてのアプローチをスタートしている。  「NVIC」は長期厳選投資の国内におけるパイオニアとして、「投資」の意識改革をリードしていく使命...

JA貯金残高7月末は前年同月比1・3%増の104・5兆円

 農林中央金庫が27日に公表した7月末の全国JA貯金・貸出金残高速報によると、貯金は個人貯金等の流出により、6月末に比べ2912億円(0・3%)減少した。前年同月比では1兆3507億円(1・3%)増加し、残高は104兆5626億円となった。  貸出金残高は、住宅資金実行により6月末に比べ685億円(0・3%)増加、前年同月比では4364億円(2・1%)増加の21兆78億円となった。

農林中金が事務局を務めるウッドソリューション・ネットワークが非住宅木造推進アプローチブックを制作

ウッドソリューション・ネットワークがアプローチブックを制作

農林中金が事務局を務めるウッドソリューション・ネットワークが非住宅木造推進アプローチブック「時流をつかめ!企業価値を高める木造建築~持続可能な木材利用を経営戦略に取り込もう~」を制作。

アイキャッチ

農林中央金庫が第28回JA渉外担当者交流大会「元気ネット2019」開催

農林中央金庫が8月8・9の両日、都内のホテルで第28回JA渉外担当者交流大会「元気ネット2019」を開催。全国の渉外担当者の相互啓発・情報交換を通じて、スキル向上とネットワークの構築を図ることを目的としたもの。JA・信農連・農林中金が一体的な事業運営を行う「JAバンク」において、全国の第一線で活躍し優秀な実績を上げているJA渉外担当者と信農連・農林中金支店職員等、合わせて171名が参加した。

農中秋田支店が県農業法人協会と共催で令和元年度第1回例会開く

 農林中央金庫秋田支店はこのほど、秋田県農業法人協会と共催で、令和元年度第1回例会を開催した。法人協会会員間の相互研鑽や情報交換を行うとともに、会員以外の農業経営者との交流を通じて組織活動の強化・活性化を図ることを目的としたもので、会員等約60名が参加した。  千葉県で農事組合法人和郷園の代表取締役を務める木内博一氏が講師を務め、「農業の未来を、届けるために。」と題して講演。農業生産に加えて、冷凍野菜、カット野菜、リサイクル事業、ミニスーパーや農園リゾートといった農業を中核とした多角的な経営手法について話した。また、水稲や蕎麦の生産を行う農事組合法人はっぽう農園の芳平理事や、水稲の生産を行い...

農中仙台支店が「担い手金融リーダー会議」開く

 農林中央金庫仙台支店はこのほど、担い手対応力の強化・CS(顧客満足度)向上を目的に「担い手金融リーダー会議」をJAビル宮城で開き、宮城県内JAの金融・営農担当職員等約50名が出席した。  会議では、組合員のCS向上のために、訪問時の情報提供方法等について研修が行われた。また、営農部と金融部の連携により成果をあげているJAにいがた岩船から職員を招き、TACと農業融資専任担当者の共同取組みについて事例紹介が行われた。JAにいがた岩船では、組合員の様々なニーズ・要望を役職員が部門横断的かつタイムリーに情報共有し、課題解決に向けて提案を行える仕組みを有効に活用していることなど、具体的な取組み事例が...

移転 |農中ビジネスサポート

 農中ビジネスサポート㈱(太田実代表取締役社長)は、9月17日より下記に事務所を移転する。  住所 〒100―8420 東京都千代田区有楽町1―13―2  電話 03―5222―3071

「米中摩擦に翻弄される世界経済」=農中総研改訂経済見通し

 ㈱農林中金総合研究所は15日、「2019~20年度改訂経済見通し」を公表し、2019年度の実質GDP成長率は0・7%(前回〔6月〕予測0・2%から上方修正)、20年度は0・4%(前回見通しを据置き)と潜在成長率をやや下回って推移すると予測した。  改訂経済見通しでは、「2019年4~6月期の実質GDPは、輸出の減少に加え、前期の反動から輸入が大きく増加し外需寄与度は再びマイナスとなったが、消費、企業設備投資など民間需要が底堅く推移したほか、経済対策の効果にも支えられ、3四半期連続のプラス成長となった」、「足元7~9月期も消費税率の引上げを控えた消費の駆け込み需要、非製造業の省人化・省力化ニ...

農林中金が欧州における銀行現地法人の設立認可を取得

 農林中央金庫は、オランダ・アムステルダム市における銀行現地法人「Norinchukin Bank Europe N.V.」(予定)の設立に向けた手続きを進めてきたが、このほど欧州関係当局から設立認可を取得したと発表した。  農林中金では「銀行現地法人は、欧州における商業銀行業務を段階的に拡充し、ロンドン支店と連携して、欧州諸国におけるお客さまのニーズに的確に応え、その成長と発展を支えていく」とコメントしている。今後は、日本の金融当局の認可等を前提に、引き続き開業に向けた手続きを進めていく方針。なお、営業開始日は、2020年度第1四半期を予定している。

日刊アグリ・リサーチ JAグループ全国域・県域役員・幹部職員一覧

「日刊アグリ・リサーチ JAグループ全国域・県域役員・幹部職員一覧」を発行=農業情報調査会

農業情報調査会が「日刊アグリ・リサーチ JAグループ全国域・県域役員・幹部職員一覧」を発行。5号に渡り、8月9日現在の『中央会・家の光・日本農業新聞・Nツアーグループ』、『経済事業系統』、『共済・厚生事業系統』、『信用事業系統』、『JAグループ関連会社・団体一覧』の役員・幹部職員を掲載。詳しくはこちら。 ●8月13日号 中央会・家の光・日本農業新聞・Nツアーグループ ●8月14日号 経済事業系統(全農・経済連・県JA) ●8月15日号 共済・厚生事業系統(JA共済連・厚生連) ●8月16日号 信用事業系統(農林中金・信連・県JA) ●8月19日号 JAグループ関連会社・団体一...

JAバンク長崎が「JAバンク長崎貸付担当者交流大会」を開催

 JAバンク長崎は7月26日、JAの貸付担当者を対象に、県下初の試みとして、JAバンク長崎貸付担当者交流大会を長崎県JA会館で開催した。各JAからは貸付担当者52名、長崎県農業信用基金協会3名、農林中央金庫長崎支店からは常盤淳一支店長以下17名が参加し、貸出金伸長のための相互啓発・意見交換を行った。  同大会は、中期戦略にもとづく貸出強化に向けた具体的取組事項の説明をはじめとする研修、農業融資の伸長に顕著な実績をあげている県内JA職員による講演、日常業務での取組みや課題共有および企画提案を目的としたグループディスカッションで構成され、各JAの貸付担当者は活発な意見を交わした。  JAバンク...

農中第1四半期決算の経常利益は763億円

 農林中央金庫は6日、第1四半期(2019年6月末時点)の連結および単体の決算を発表した。  連結決算では、経常利益は前年同期比30・8%減の763億9百万円、純利益は同26・7%減の598億65百万円となった。経常収益は438億円減の4548億円、経常費用は同97億円減の3784億円となった。農林中金では、「新規投資の積み上げ等を行ったものの、外貨調達コストの増加等を受け減益となった」と説明している。連結の総資産は前年度末比2兆6626億円増の108兆6165億円、純資産は同1298億円増の7兆6031億円となった。  また、単体決算では、経常利益は前年同期比30・8%減の770億90百...

農林中金が「よりぞう夏祭り2019」を開催

農林中金が「よりぞう夏祭り2019」を開催

農林中金が3日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎で、「よりぞう夏祭り2019」を開催。JAバンクの新キャラクター〝よりぞう〟の「ゆるキャラグランプリ2019」エントリーを記念して行われたもので、よりぞうが特技としているダンスを披露するステージや、よりぞうグッズが当たるじゃんけん大会が行われた他、ヨーヨー釣りや射的、輪投げなどの子どもたちが楽しめるコーナーが設けられた。

令和2年4月に「JA福井県」発足へ

福井県内の10JAが県域JA合併を可決決定  福井県内の10JAは28日、それぞれ開いた合併総会・総代会で、令和2年(2020年)4月1日に一斉合併することを承認した。  合併に参加するのは、JA福井市、JA福井市南部、JA永平寺、JA花咲ふくい、JAはるえ、JAテラル越前、JAたんなん、JA越前丹生、JA敦賀美方、JA若狭。  合併に向けて、6月に合併予備契約を締結、JA越前たけふは5月の臨時理事会で合併への不参加を決定していた。来年4月、存続JAをJA福井市として「福井県農業協同組合(愛称=JA福井県)」として合併後、速やかに中央会、信連、経済連、厚生連の包括承継手続きに入るとしてい...

  1. 1
  2. ...
  3. 10
  4. 11
  5. 12
  6. ...
  7. 15
keyboard_arrow_left トップへ戻る