日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農協観光

JAビル・ミノーレでJA安房復興支援販売会開催

 東京・大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー(ミノーレ)で5日、「JA安房〝復興支援〟ミニ販売会」と銘打ち「JAまるしぇ」が行われた。千葉・JA安房、農協観光が協力した。  JA安房管内では台風15・19号による暴風・豪雨の影響により大きな被害が発生。農業においてもハウスの倒壊や果樹の落果などの被害が発生しており、被災地は復興の途上にあることから、その支援のために行われた。落果が免れたもののキズがついてしまったみかん・レモン・ゆずの農産物の販売が行われた。また、会場では地元農家のコメントが映像で紹介された。  まるしぇの売れ行きは好調で、特にみかんは昼頃には完売した。  同JAの羽山幸...

JA全農ひろしまとJR西が運転再開の芸備線で農業と鉄道の仕事体験旅

 JA全農ひろしまとJR西日本広島支社はこのほど、昨年の西日本集中豪雨による被害で運休していた芸備線の全線運転再開に合わせて、「鉄道」と「農業」をテーマにしたお仕事体験の旅を開催した(企画・実施は農協観光広島支店)。  広島駅から貸切車両に乗車して志和口駅を往復するツアーに親子27名が参加した。集合場所の広島駅では、子供たちが起床装置での目覚ましを体験、駅窓口での切符発券や駅構内の放送を行い、貸切車両内ではJR職員の制服を着て車内改札など車掌の仕事を体験した。農業体験は、JA広島市白木支店管内の園芸ハウスを訪問して、農家から鎌の使い方を教わりながら広島市特産野菜の小松菜を刈り取り。穫れたばか...

JA安房の〝復興支援〟ミニ販売会 5日に農業・農村ギャラリーで

 JA全中は5日、東京・大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で、JAまるしぇ「JA安房〝復興支援〟ミニ販売会」(11時~13時半)を開く。  9月に千葉県房総半島に上陸した台風15号、10月の19号による暴風や豪雨の影響により被害を受けた、千葉県の館山市・鴨川市・南房総市・鋸南町が管内のJA安房の農産物を、生産者も店頭に立ち販売する。落果は免れたものの、キズがついてしまった「みかん」や「レモン」「ゆず」などが出品される。農協観光が協力。

民俗芸能と農村生活を考える会の参加者を募集

 全国農協観光協会は来年2月15日、東京・一ツ橋の日本教育会館で「第31回民俗芸能と農村生活を考える会」を開催する。この催しは、農村に伝わる伝統芸能の鑑賞を通じて、その背景にある地域のくらしを知り、都市住民と農林漁業・農山漁村の現状を考えることを目的に行われているもの。今回は、長野県松本市の郷土芸能の中から、「奈川獅子(ながわしし)」が披露される。  「奈川獅子」は大正の初期頃から始められ、2007年(平成19年)に松本市の重要無形民俗文化財に指定された、奈川寄合渡(よりあいど)集落に伝わる獅子舞。その昔、村々に大獅子が現れて人々を苦しめていたのを天狗の手助けもあって仕留めることができたとい...

東北地域の農山漁村のさらなる活性化に向け東北版サミット=全国農協観光協会

 全国農協観光協会は29日、宮城・仙台市の日立システムズホール仙台で「農山漁村が元気になるための東北版サミット」を開催する。農泊をはじめとする地域の実践者が他の団体や支援事業者との横の繋がりをつくり、東北地域の農山漁村のさらなる活性化に向けた第一歩とすることを目的としたもの。  (一社)ムラたび九州の本田節代表の基調講演「広域連携とインバウンドで広がる九州農泊」、(一社)みなかみ町体験旅行の北山郁人常務、㈱農協観光の齋藤充利地域交流推進室長によるトークセッション「農山漁村の若者・よそものの力」、本田代表、齋藤室長、東洋大の青木辰司名誉教授によるトークセッション「東北から発信する広域連携に向け...

農協観光がJA静岡市女性部健康セミナーを企画

JA静岡市女性部が東大で栄養・健康寿命に関するセミナー受講

JA静岡市が7月29日、「食と健康の総合科学学会・JA静岡市女性部健康セミナー」(企画:農協観光)を東京大学・中島董一郎記念ホールで開催。女性部員約50名が、同大学の眞鍋昇名誉教授の講義を受けた。

農協観光の30年度取扱は682億5百万円、期末配当1株5百円

 農協観光(田波俊明会長・藤本隆明社長)は26日、東京・外神田のNツアービルで第30期定時株主総会を開き、平成30年度の事業報告を行うとともに、5議案を原案通り承認した。剰余金処分では総額18百万円、1株につき500円の期末配当を行う。役員選任では、取締役の栗嶋美津江氏が退任、新たに岡村節惠氏(JA全国女性組織協議会理事)を選任した。また監査役の任期満了に伴い、今井長司氏(JA柏崎経営管理委員会会長)、福良公一氏(JA日向会長理事)、肱岡弘典氏(JA全中常務理事)、常勤監査役に吉野浩司氏(学識経験者)を再任した。  事業報告によると、平成30年度は単年度経営計画「NTOUR WAYⅡプラス」...

農協観光が定時株主総会

 農協観光(田波俊明会長・藤本隆明社長)は26日、東京・外神田のNツアービルで第30期定時株主総会を開き、平成30年度の事業報告を行うとともに、5議案を原案通り承認した。剰余金処分では総額18百万円、1株につき500円の期末配当を行う。役員選任では、取締役の栗嶋美津江氏が退任、新たに岡村節惠氏(JA全国女性組織協議会理事)を選任した。また監査役の任期満了に伴い、今井長司氏(JA柏崎経営管理委員会会長)、福良公一氏(JA日向会長理事)、肱岡弘典氏(JA全中常務理事)、常勤監査役に吉野浩司氏(学識経験者)を再任した。

JA都市農村交流全国協議会はJA都市農村交流活動優良事例として最優秀賞にJAはくい(石川)を表彰した。

平成30年度優良事例を表彰、最優秀にJAはくい=交流協

JA都市農村交流全国協議会(会長=林茂壽JA千葉中央会会長、事務局=JA全中くらし・高齢者対策課)は平成30年度JA都市農村交流活動優良事例として最優秀賞にJAはくい(石川)、優秀賞にJA紀の里(和歌山)、JAきみつ(千葉)を表彰した。  第2回になるこの表彰は、都市と農村の人の交流をはじめJA同士や他組織との活動を通じて、JAのファンづくりや地域活性化につなげ、その優良活動事例の普及により、今後の交流活動と会員JA相互の連携促進を高めることが目的。審査基準は「協同組合間連携」と「地域の多様な組織との連携」を前提に、①事業拡大に貢献する先進性、②ファンの拡大度、...

アイキャッチ

全農観が定時総会で平成30年度事業報告・収支決算等承認

全国農協観光協会が7日、東京・外神田のNツアービルで第52回定時総会を開き、平成30年度事業報告・収支決算等2議案を承認した。

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月11日(火)

〈主な内容〉 ◎日本公庫のトライアル輸出支援は6年間で250件突破  今年度はEU、米国向け輸出への支援体制強化へ5社と提携 ◎定時総会で平成30年度事業報告・収支決算等承認=全農観  10年間の中長期経営計画は「持続可能な地域づくりに努力」 ◎JCAが食育ソムリエマルシェ開催、協同組合が連携 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 8.沖縄県  県産農林水産物の付加価値向上へ効果的なマーケティング活動を実施 ◎6次産業化事業体に出資同意決定=A-FIVE ◎農中仙台支店が宮城中央森組と連携し木製品を寄贈、地域活性化を後押し 団体総会 日本食農連携機構 人事 J...

JAぎふ 代表理事組合長 櫻井宏 氏

日本農民新聞 2019年6月5日号

このひと わがJAにおける旅行事業の位置づけ   JAぎふ 代表理事組合長 櫻井宏 氏   コミュニケーションツールとして 組合員・地域住民との接点づくりさらに深化を    (株)農協観光は、5月21日、令和元年度「JA観光推進協議会全国会議」を開催し、平成30年度に旅行や各種イベント等を通じて地域コミュニティの活性化に貢献し、優れた事業実績をおさめたJAを表彰した。最優秀賞を受賞した岐阜県JAぎふ・櫻井宏代表理事組合長に、同JAにおける旅行事業の取り組みを聞いた。 「1支店1企画」を徹底 ■優績JA最優秀賞受賞の感想は?  旅行事業...

アグベンチャーラボのオープニングパーティーで挨拶する中家全中会長

JAグループ全国機関がアグベンチャーラボ開設=5月27日

 外部組織と連携し新たな事業創造、課題解決等目指す  JAグループの全国機関8団体(全中、全農、JA共済連、農林中金、家の光協会、日本農業新聞、JA全厚連、農協観光)は27日、JAグループが外部の技術やアイデアを持つ組織と連携して新たな事業を創造するオープンイノベーションを実現する拠点「AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)」を、東京・千代田区の大手町ビルヂング9階に開設した。    同ラボは、「次世代に残る農業を育て、地域のくらしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトにして、スタートアップ企業やパートナー企業、大学、行政等との協創により、様々な知見やテク...

創立30周年感謝のつどいを開催=農協観光

 農協観光は21日、都内で「株式会社農協観光 創立30周年感謝のつどい」を開いた。農協観光と日頃関係の深いJAグループ関係者約200名を招き、今年10月に株式会社化30周年を迎える農協観光の歴史を振り返った。  冒頭、田波俊明会長は、「30周年を迎えることができたのは、皆様のご助力のおかげ。平成と一緒に歩んできた農協観光が、これから令和の時代にまた30年続くように皆さんのご支援をお願いしたい」と挨拶した。  JA全中の中家徹会長も駆けつけ、「いま、自己改革に取り組むなかで地域の活性化も大きな目標であり、我々に課せられた大きな課題」「そのなかで農協観光は観光事業を通じて、地域・組合員との絆や...

30年度優績JAを表彰、最優秀賞にJAぎふ=農協観光

 ㈱農協観光は21日、令和元年度「JA観光推進協議会全国会議」を都内ホテルで開き、平成30年度優績JA表彰式を行うとともに、「組合員や地域住民との接点強化」「『地域の活性化』に向けたJA総合事業の推進」「旅行事業・地域交流活動を通じた『被災地復興への貢献』」「地域に根ざしたJAづくり」への取り組み方向を確認した。  田波俊明会長は「平成30年度は、経営計画『NTOUR WAY Ⅱプラス』の実践を基本に、様々な企画旅行やイベントを実施してきた。しかしながら西日本豪雨をはじめ、自然災害などによる中止や延期が発生し、大変厳しい経営結果となっている。本日ご臨席の皆様はじめ、JAグループからのご支援ご...

人事|全国農協観光協会=4月1日付

 ▽事業部長兼地域振興・活性化事業第2グループ長(㈱農協観光経営企画部長)樋口哲二▽総務部総務企画課長(総務部総務企画課長代理)西野俊則▽西日本事務所長(事業部地域振興・活性化事業第1グループ長代理)浅見茂樹▽出向〔JA紀の里専任事務所長〕(西日本事務所長)佐脇尚

第6回日本農業検定に1900名合格、延べ受検者1万3千人超える

 農業をはじめ作物栽培や食・環境の基礎知識の習得を通じて農業への理解を深める日本農業検定は、今年1月に実施した第6回目の検定に、JAグループをはじめ学校、一般企業、都市住民などから2991名が受検し、これまでの受検者が1万3000名を超えた。  今回の検定では、農業の総合的な知識を問う1級は343名が挑戦して127名が合格(合格率37%)、2級には1004名が受検し613名が合格(同61%)、3級は1644名が受検して1178名が合格(同71%)だった。JAグループからは1級に213名、2級に809名、3級に1317名が受検した。  同検定事務局の(一社)全国農協観光協会では、「農業や食へ...

㈱農協観光が組織改定と人事異動=四月一日付

 ㈱農協観光は、来年度からの次期中期経営計画に伴う組織改定を行う。概要は以下の通り。  ①長中期の事業戦略、JA旅行事業の支援・体制整備に関する機能を強化するため、営業企画部を廃止し旅行事業部へ統合する。▽長中期事業戦略および事業促進の機能を有する営業企画部営業企画課を旅行事業部に移管。あわせて、営業企画部組織事業課が有するJA旅行事業の支援・体制整備に関する機能を旅行事業部営業企画課に集約、▽訪日外国人旅行部門の機能強化を目的に、国内・海外事業との一体的な事業展開を図るため、国際交流センターを旅行事業部に移管。  ②営業企画部地域交流推進課の機能を強化するため、あらたに「地域交流推進室」...

アイキャッチ

全国農協観光協会が「民俗芸能と農村生活を考える会」で「柳橋の歌舞伎」を紹介

全国農協観光協会が2月16日、東京・千代田区の一ツ橋ホールで「民俗芸能と農村生活を考える会」を開催した。福島県郡山市で伝承されている「柳橋の歌舞伎」が紹介され、外国人80名を含む約500人が来場した(2019年2月25日付掲載)。

  1. 1
  2. 2
keyboard_arrow_left トップへ戻る