施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
182号(2018夏)
施設園芸のクラウドサービスと
AI、IoT

181号(2018春)
人工光型植物工場の最新動向

180号(2018冬)
イチゴ生産の新しい流れ

179号(2017秋)
人材育成と農業コンサルティング

178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

    編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
    制作・販売:日本農民新聞社
    体裁:A4判 約 70頁
            季刊(年4回発行)
    購読料:年間予約 4,112円(送料・税込)
        1冊頒価 823円(送料 205円)


182号(2018年夏) 内容

巻頭言
  • 時代の変化を見通した施設園芸
    (農林水産省農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正)
特集「施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT」
  • クラウド制御型養液土耕支援システム「ゼロアグリ」の開発
    (潟求[トレック・ネットワークス 技術統括責任者 喜多英司)
  • モノ作り技術で農業を支える ―「何を」×「どう作り」×「どう売るか」の最適化
    (一般財団法人機械振興協会 技術研究所次長兼企画管理室長 木村利明)
  • kintoneを用いた生産管理、生産実績、生産予測管理の取り組み
    (Minori Institute B.V. 今井寛之)
  • AIによる画像分析を用いたハウス内トマトの収量予測技術
    (潟Iプティム インダストリー事業本部 執行役員 休坂健志、
     スマート農業スペシャリスト 中坂高士)
  • 多元的植物生体情報計測による施設生産の高度化 AI活用に向けた取り組み
    (愛媛大学大学院農学研究科 植物工場研究センター 高山弘太郎)      
  • 食・農クラウドAkisa(秋彩)とAI / IoT
    (兜x士通九州システムズ 渡邊勝吉)
技術情報
  • 世界の様々な園芸施設における太陽光発電の活用事例
    (島根大学 学術研究院環境システム科学系 教授 谷野章)
  • 施設園芸における研究開発の方向
    (農研機構 野菜花き研究部門 東出忠桐)
  • 世界のグリーンハウス栽培で使用される高圧ナトリウムランプの有効性と日本での採用事例
    (BLV Licht - und Vakuumtechnik GmbH Dr.Thomas Schwend、
     ウシオ電機 技術統括本部新規開拓室 久綱健史)
連載/栽培管理における温度と発達
  • 【その2】平均気温を通した発達の制御
    (潟_ブルエム 代表取締役社長、千葉大学講師(非常勤)狩野敦)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>
  • 施設園芸技術指導士としての抱負
    (トヨタネ 営業部静岡エリア浜岡営業所 戸塚暁人)
施設園芸関連製品ガイド
  • 東京インキ梶^優れた断熱性で多目的な貯蔵ハウスに活用、
    多層断熱被覆資材「エナジーキーパーEK」
  • 平林物産梶^丈夫で広々、明るいハウス、足場管を使った強化ハウス「ストロングハウス」     
  • みのる産業梶^菌床シイタケ害虫を確実に捕獲する!!、
    吸引式LED捕虫器「CMF-200A」     
  • JFEエンジニアリング梶^地域に合わせた最適なエネルギー源を活用、
    「スマートアグリシステム」
  • 千代田化工建設梶^ワンストップ植物工場、「植物工場エンジニアリングサービス」
  • いけうち/濡れない霧を利用する冷房加湿システム「CoolPesconRクールペスコン」
ミニ情報
  • ICTを活用した生産技術の「見える化」の取組
    (茨城県農林水産部産地振興課 野菜対策グループ 棚谷智寿)
  • 北海道における単為結果性トマトの特性
    (北海道立総合研究機構道南農業試験場 研究部地域技術グループ研究主幹 中住晴彦)
  • 津軽のミニトマト」の生産拡大に向けた取組
    (青森県産業技術センター農林総合研究所 施設園芸部 齋藤雅人)
  • スナップエンドウのハウス抑制作型の開発について
    (山形県村山総合支庁産地研究室 山形県農業総合研究センター園芸試験場 花き部主任専門研究員 齋藤謙二)
  • フランネルフラワーの生産振興への取組
    (岐阜県農政部農業経営課 園芸技術支援係 臼田浩通)
  • バラ切り花栽培におけるCO2局所施用技術の実用化への取り組み
    (奈良県農林部農業水産振興課 農業技術支援係長 仲照史)
  • 種から育てるイチゴ品種「よつぼし」種苗の販売拡大!
    (三重県農業研究所 野菜園芸研究課 北村八祥)
  • 今、かんしょが熱い〜「北海道さつまいも懇話会」の活動〜
    (北海道農政部生産振興局 技術普及課普及指導員グループ主査 山田徳洋)
  • 地下水冷房装置を活用したトマト夏越し長期どり作型の開発
    (石川県農林総合研究センター農業試験場 園芸栽培グループ技師 川村花織)
  • 収量増加を目指した、ガーベラ隔離床栽培における環境調査の取組み
    (静岡県西部農林事務所 生産振興課 井出美柚莉)
  • ビニールハウス用薪ストーブの暖房性能
    (鳥取県園芸試験場日南試験地 試験地長 龜田修二)
  • 麦焼酎蒸留廃液濃縮液の活用方法の検討
    (大分県農林水産研究指導センター 農業研究部土壌・環境チーム 森ア章好)
  • 廃液を出さない新養液栽培システム「ハンモックベンチ吸い戻し式」の開発
    (長野県野菜花き試験場 野菜部 川上暢喜)
  • 女性目線で鉢花の商品情報を提供
    (静岡県東部農林事務所 企画経営課 井出瑞貴)
                                       

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634