施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
182号(2018夏)
施設園芸のクラウドサービスと
AI、IoT

181号(2018春)
人工光型植物工場の最新動向

180号(2018冬)
イチゴ生産の新しい流れ

179号(2017秋)
人材育成と農業コンサルティング

178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

    編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
    制作・販売:日本農民新聞社
    体裁:A4判 約 70頁
            季刊(年4回発行)
    購読料:年間予約 4,112円(送料・税込)
        1冊頒価 823円(送料 205円)


181号(2018年春) 内容

巻頭言
  • 人工光型植物工場の可能性と将来性
    (千葉大学名誉教授 古在豊樹)
特集「人工光型植物工場の最新動向」
  • 植物工場における高品質化栽培
    (明治大学農学部教授、植物工場基盤技術研究センター長 池田敬)
  • 大阪府立大学における人工光型植物工場の最新研究開発動向
    (大阪府立大学研究推進機構 特認准教授 大山克己)
  • 人工光型植物工場での薬用植物生産の可能性
    (千葉大学園芸学研究科 環境調節工学研究グループ 彦坂晶子)
  • 野菜栽培における白色LEDの効果と可能性
    (信州大学繊維学部 先進植物工場研究教育センター 野末雅之・野末はつみ)
  • 植物工場向けの品種開発と植物工場を活用した育種
    (千葉大学大学院園芸学研究科 丸尾達)        
  • 育苗業が取り組む人工光型植物工場
    (ベルグアース 研究開発課課長 瓦朋子)
  • 植物工場ビタミンファームのオペレーションと品質管理
    菱熱工業 専務取締役 岡安晃一
  • 人工光型植物工場の実態調査と動向
    且O菱総合研究所地域創生事業本部 研究員 岸紘平
海外情報
  • アジア、欧米における植物工場の動向
    NPO植物工場研究会 国際部長・国際担当理事、潟Cーグリーン・ラボ・ジャパン 代表取締役 林絵理
産地・生産者情報
  • 地下水熱を利用した養液土耕でトマト栽培〜IT活用で生産の安定と効率化へ
    (全国野菜園芸技術研究会青年部、絹島グラベル代表 長嶋智久)
連載/栽培管理における温度と発達
  • 【その1】熱時間と積算温度
    (潟_ブルエム 代表取締役社長、千葉大学講師(非常勤)狩野敦)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>
  • 部品メーカーとしてできることは何か
    (佐藤産業 営業部企画課 小川泰紀)
施設園芸関連製品ガイド
  • アキレス梶^高温期でもベタつきを大幅に抑制、農業用フィルム「プラチナコート」
  • カネコ種苗梶^キュウリの高品質・多収・安定生産を実現、養液栽培システム「スプレーポニック」
  • オカモト梶^ハウス内の温度をコントロール、遮熱農PO「POクール」   
  • エスペックミック梶^卓上型から大容量まで豊富なラインナップ、グロースキャビネット「HIPOINTシリーズ」
  • イノチオアグリ梶^シンプル操作で多区画に対応、低コスト複合環境制御システム「AEROBEAT」
  • 小泉製麻梶^高反射・遮熱の白色補修テープ「白ピカテープ」
  • ジャパンドームハウス梶^断熱性と気密性を兼ね備え耐久性も高い、特殊発泡ポリスチレン製「農業ドーム」
  • クボタアグリサービス梶^環境に優しい光防除で減農薬栽培をサポート!、病害抵抗性誘導用緑色LED「みどりきくぞう」
  • 佐藤産業梶^頭上潅水の救世主!、塩ビ管用熱変形抑制資材「銀丸」
ミニ情報
  • 極大果で収量性に優れるイチゴ新品種‘華かがり’の育成
    (岐阜県農業技術センター 野菜・果樹部 菊井裕人)
  • イチゴ新品種‘にこにこベリー’の育成
    (宮城県農業・園芸総合研究所 園芸栽培部研究員 高山詩織)
  • ハウス内の光環境を適正化する自動調光システム
    (広島県立総合技術研究所 農業技術センター栽培技術研究部 川口岳芳)
  • デルフィニウムの夏切り栽培における遮光資材とミスト冷房の効果
    (東京都農林総合研究センター 園芸技術科花き研究チーム 黒川康介)
  • キクの栽培におけるLED電照装置の開発
    (栃木県農業試験場 研究開発部花き研究室 西川史)
  • 静岡にアグリオープンイノベーション拠点「AOI - PARC」オープン
    (静岡県農林技術研究所 次世代栽培システム科 貫井秀樹)
  • 福岡県におけるハダニ類の高濃度二酸化炭素くん蒸処理装置の共同利用
    (福岡県農林水産部 経営技術支援課 小賦幸一)
  • スワルスキーカブリダニを利用したミカンハダニ防除
    (佐賀県上場営農センター 畜産・果樹研究担当 技師 川内孝太)
  • 夏秋スプレーギク新品種「サザンサマーピンク」の育成
    (鹿児島県農業開発総合センター 花き部 白山竜次)
  • バラ切り花栽培における炭酸ガス施用の効果
    (茨城県農業総合センター園芸研究所 花き研究室 鈴木一典)
  • 閉鎖型養液栽培システムを用いたトマトの高糖度化
    (東京都農林総合研究センター 園芸技術科野菜研究チーム 木下沙也佳)
  • 土着天敵を活用した施設果菜類のアザミウマ対策技術の確立・普及への取組
    (鹿児島県大隅地域振興局 農政普及課技術専門員 大保勝宏)
  • ICTを利用した‘万願寺トウガラシ’の温度管理
    (京都府農林水産技術センター 農林センター園芸部長 藤原敏郎)
  • 促成いちご栽培におけるLED電球による電照栽培の効果検証
    (大阪府北部農と緑の総合事務所 農の普及課技師 福田匠)
  • 土壌病害抵抗性ピーマン台木品種‘みやざき台木5号’の育成
    (宮崎県総合農業試験場 生物工学部主任技師 武田和宣)
                                       

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634