施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
182号(2018夏)
施設園芸のクラウドサービスと
AI、IoT

181号(2018春)
人工光型植物工場の最新動向

180号(2018冬)
イチゴ生産の新しい流れ

179号(2017秋)
人材育成と農業コンサルティング

178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

    編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
    制作・販売:日本農民新聞社
    体裁:A4判 約 70頁
            季刊(年4回発行)
    購読料:年間予約 4,112円(送料・税込)
        1冊頒価 823円(送料 205円)


180号(2018年冬) 内容

巻頭言
  • イチゴ生産の課題と展望
    (農研機構 九州沖縄農業研究センター 園芸研究領域長 沖村誠)
特集イチゴ生産の新しい流れ」
  • 種子繁殖型イチゴ品種「よつぼし」の育成と普及
    (三重県農業研究所 生産技術研究室長 森利樹)
  • 種子繁殖型イチゴ「よつぼし」の高冷地育苗と全国供給
    (三好アグリテック(株) 商品管理部生産チーム 江澤祥太)
  • 種子繁殖型イチゴ‘よつぼし’のセル苗生産と大規模施設栽培
    ((株)花の海 代表取締役社長 前島昭博)
  • 種子繁殖型イチゴ品種‘よつぼし’と多植栽培システムによるイチゴ高効率生産体系
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室 専門研究員 鶴山浄真)
  • イチゴの次世代型生産技術開発
    (栃木県農業試験場いちご研究所 開発研究室 特別研究員 大橋隆  
  • 福岡県におけるイチゴ「あまおう」の栽培技術開発
    (福岡県農林総合試験場 野菜部イチゴチーム長 末吉孝行)
  • 四季成り性イチゴ品種「すずあかね」の育成と種苗供給
    ホクサン(株) 植物バイオセンター 種苗課 課長 米津幸雄
  • イチゴ促成栽培におけるLEDを用いた補光が形態的変化と収量に及ぼす影響
    元 先端プロ大規模施設園芸分野 専属研究員 後藤直子
  • 愛知県での観光イチゴ農園経営と生産、加工、ネット販売の取組み
    のんほいイチゴ園とよはし 園長 水谷充裕
海外情報
  • オランダの施設園芸コンサルタントと日本の普及制度
    静岡県農林技術研究所 企画調整部 乾正嗣
  • 中国(新疆・北京)の施設園芸
    (ヤンマー(株) バイオイノベーションセンター倉敷ラボ 所長 小西充洋)
技術情報
  • UECSに準拠したイチゴ栽培用環境制御コントローラ
    (岡山大学大学院 環境生命科学研究科(農学部) 准教授 安場健一郎)
産地・生産者情報
  • 国産パプリカネットワーク(通称、NaPA)が動き出します
    (NaPA会長・(鰍sedy 代表取締役) 林俊秀)
施設園芸関連製品ガイド
  • ネタフィムジャパン(株)/クラウド対応遠隔潅水システム「NMCエアー」
  • サンテーラ(株)/気象変化に強いフィルム「調光 シリーズ」
  • 三菱ケミカルアグリドリーム(株)/苗テラス にLEDタイプ新登場
    人工光・閉鎖型苗生産装置「苗テラス」   
  • (株)サカタのタネ/植物を守るライティング技術「UV-B 電球形蛍光灯」
  • タキロンシーアイ(株)/省エネ時代のハウスサイドの保温はお任せあれ!
    スカイコート5「エアプラス」
  • 日東紡績(株)/RW培地で高度な水分管理を行うツール
    「GroSens(グロセンス)ハンディ型水分計」
  • ヤンマーグリーンシステム(株)/人が動かずイチゴが動く!
    「ヤンマーイチゴ移動栽培装置」
  • ネポン(株)/農業クラウド×CO2施用
    農業クラウドサービス「アグリネット」
  • (株)アグリセクト/蒸散効率の高い安全・安心設計を実現!
    硫黄専用 電気加熱式くん煙器「アグリ・トップ硫黄くん煙器」
  • 井関農機(株)/栽培管理のための生体情報を計測「植物生育診断装置」
  • パナソニック(株)/紫外線で植物病害を抑制、収量増と安心・安全の両立に貢献
    「UV-B電球形蛍光灯反射傘セット」
  • (株)誠和。/調和したハウス内環境をつくり出す
    カーテンスクリーン「LSスクリーン」
ミニ情報
  • 心土破砕によるハウス土壌改善の取組み
    (埼玉県春日部農林振興センター 農業支援部 吉岡遼)
  • 農業法人が共同で取り組む施設園芸
    (新潟県農産園芸課 園芸振興係 堀本貴則)
  • イチゴの輸出に向けた長期貯蔵技術の開発
    (静岡県農林技術研究所 品質・商品開発科 池ヶ谷篤)
  • 神奈川県の施設栽培キュウリでスイカ灰白色斑紋ウイルスの発生
    (神奈川県農業技術センター 病害虫研究課 島田涼子)
  • 切り花ダリアの新しい出荷技術
    (北海道立総合研究機構 花・野菜技術センター 鈴木亮子)
  • イチゴ「いばらキッス」の夜冷短日処理温度と収穫パターン
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 山邉あずさ)
  • 施設トマト栽培における液化二酸化炭素を用いた効果的なCO2施用方法
    (長野県野菜花き試験場 川上暢喜)
  • 既存ハウスのフルオープン化による京野菜の安定栽培
    (京都府農産課 京野菜振興担当 吉野育秀)
  • 積雪寒冷地域のトルコギキョウ栽培におけるEOD-heatingの燃油削減効果
    (山形県庄内総合支庁産地研究室 吉田祐一)
  • 相馬地方でのカンパニュラ電照栽培による冬春期出荷
    (福島県相双農林事務所 地域農業振興課 鎌田拓郎)
  • トマト収量増大効果をまとめたCO2施用マニュアルの公開
    (三重県農業研究所 野菜園芸研究課 西村浩志)
  • 北海道における次世代施設園芸の地域展開
    (北海道農産振興課 杉村和行)
  • 天敵保護装置を用いた促成イチゴのハダニ類防除効果検証への取組
    (長野県上田農業改良普及センター 佐藤洋一郎)
  • イチゴ新品種‘紀の香’の育成
    (和歌山県農業試験場 東卓弥)
                                       

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634