施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

173号(2016年春) 内容

巻頭言
  • 食品の機能性向上と施設園芸への期待
    (国立研究開発法人 農研機構 理事(旧食品総合研究所 所長) 大谷敏郎)
特集 施設園芸と機能性成分・品質向上」
  • 食品の新たな機能性表示制度と青果物での取り組み
    (農研機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域長 山本(前田)万里)
  • 施設園芸・植物工場と野菜品質機能の向上技術
    (農研機構 野菜花き部門 野菜生産システム研究領域 生産環境ユニット長    中野明正)
  • 植物の体内時計と高品質栽培技術開発〜ストレス応答のオミクス診断〜
    (大阪府立大学大学院 谷垣 悠介・東 孝信・福田 弘和)
  • 植物工場と機能性野菜生産の経営事例
    (法政大学大学院 CSR研究所 特任研究員 殿ア正芳)
  • 機能性成分に注目した品種育成
    (トキタ種苗(株) 育種開発グループ 高橋黄穂美)
  • 日蘭トマト品種の果実成分と収量性
    (農研機構 野菜花き研究部門 品質機能ユニット上級研究員 安藤 聡          〃    〃   野菜生産システム研究領域 生産環境ユニット長 中野明正)
  • イチゴ品種開発と機能性成分
    (オイシックス(株) SCM本部 阪下利久)
  • 野菜の機能と品質評価指標
    (東京デリカフーズ(株) 執行役員 経営企画室長(薬学博士) 有井雅幸)
  • 透析患者用低カリウムメロンの開発とその実用化
    (島根大学 生物資源科学部 教授 浅尾俊樹)
海外情報
  • 韓国施設園芸の最新情報(下)
    (野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域 果菜育種研究グループ 片岡 園) 
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>  
  • 施設園芸技術指導士としての抱負
    西松建設 技術研究所 地球環境グループ 大嶋泰平)
連載/施設環境制御の基本
  • 【第4回】被覆材の基本
    嶋津 光鑑(岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程 准教授)
連載/植物工場運営管理改善のための5M
  • 【第1回】5Mに着目する理由
     (みのりラボ(株) 大山克己)
施設園芸関連製品ガイド
  • イノチオアグリ(株) 散乱光化プラス遮熱を同時に実現                              ハウス塗布剤「Dグリー」
  • 小泉製麻梶@太陽光をもっと作物に!!                                      高反射防草シート「ルンルンシート白ピカ」
  • クボタアグリサービス(株) 効率化と最適環境を追求した無柱大空間                         低コスト耐候性ハウス「広間口無柱ハウス」
  • ジャパンドームハウス(株) 密閉性と断熱性が高く自然災害にも強い
                     発泡ポリスチレン製「農業ドーム」
  • エスペックミック(株) 今すぐ、かんたんに、手軽に始めるスマートアグリ                     ハウスの見張り番「みどりクラウド」
  • カネコ種苗(株) 高品質なヤシ殻培地
              「ココブロック」「ココベッド」
  • トヨハシ種苗(株) 超微細な除菌フィルター
               「まくりーんシステム」
ミニ情報
  • 高濃度二酸化炭素くん蒸処理によるハダニ類防除
    (神奈川県農業技術センター 生産環境部病害虫研究課技師 川田祐輔)
  • 赤色防虫ネットと天敵によるキュウリ黄化えそ病対策
    (岐阜県農業技術センター 環境部 妙楽 崇)
  • 軒高2m程度の施設でも高収量が得られるトマト年間4作袋培地栽培技術
    (福岡県農林業総合試験場 野菜部長 森山友幸)
  • 低圧細霧を用いた多段階飽差制御法の開発
    (岩手県農業研究センター 技術部主査専門研究員 藤尾拓也)
  • イチゴの間欠冷蔵処理におけるスリットポットの利用
    (奈良県農業研究開発センター 育種科主任研究員 東井君枝)
  • アスパラガス雌株の栽培技術の開発
    (長崎県農林技術開発センター 野菜研究室主任研究員 陣野信博)
  • 徳島県養液栽培研究会の活動〜研究会活動四半世紀を超えて〜
    (徳島県農林水産総合技術支援センター 高度技術支援課 堀 寛明)
  • トマト養液栽培におけるセル苗直接定植
    (長野県野菜花き試験場 野菜部長 山口秀和)
  • 白系秋輪ギク鹿児島県育成品種の紹介
    (鹿児島県農業開発総合センター 花き部主任研究員 木戸君枝)
  • 高濃度で濃橙色、種もほとんどない高級カンキツ‘みえ紀南5号’の開発
    (三重農業研究所 紀南果樹研究室長  市ノ木山浩道)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634