施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

172号(2016年冬) 内容

巻頭言
  • 次世代施設園芸について思うこと
    (一般社団法人 日本施設園芸協会 会長 篠原 温)
特集 データにもとづく生産管理の実際」
  • キュウリの環境制御技術確立に向けた農家・関係機関一体となった取り組み
    (佐賀県農業技術防除センター 専門技術員 松尾 定)
  • 高知県における環境制御技術の開発と普及への取り組み
    (高知県農業振興部 産地・流通支援課 専門技術員 細川 卓也)
  • トマトロックウール栽培産地におけるデータにもとづく栽培指導
    (栃木県JAはが野 営農部 宮地 崇介)
  • PDCAサイクルを活かしたトマト短期密植栽培での生産管理の実践
    (鰍fRA/復興庁・農水省委託研究プロジェクト「「先端プロ」専門研究員 伊藤 瑞穂)
  • PDCAサイクルを活かしたパプリカロックウール栽培の実際
    ((株)信州サラダガーデン 代表取締役 小林 豊)
  • データ共有を核としたトマト法人ネットワークづくりと生産管理への反映
    (宮城県農業・園芸総合研究所 先進的園芸経営体支援チーム 神崎 正明)
  • 葉菜養液栽培のデータにもとづく経営改善
    ((有)だんだんファーム掛合 統括チーフ 小田 達雄)
  • トマト栽培実証施設「ゆめファーム全農」におけるデータ活用の現状と課題
    (JA全農 営農・技術センター 生産資材研究室長 広本 直樹)
  • IGH(豊橋市)におけるデータにもとづくトマト生産管理
    (豊橋市IGHプロジェクト・イノチオホールディングス(株) 事業開発部 鈴木 邦典)
  • 植物生育状態の把握と栽培管理への高度なフィードバックに向けた取り組み
    (愛媛大学農学部 准教授 高山 弘太郎)
海外情報
  • 韓国施設園芸の最新情報(上)
    (野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域 果菜育種研究グループ 片岡 園) 
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>  
  • 施設園芸技術指導士としての抱負
    (福井シード(株) 営業部 拡販課 井村 亮介)
連載/施設環境制御の基本
  • 【第3回】湿度の基本
    嶋津 光鑑(岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程 准教授)
施設園芸関連製品ガイド
  • ユニチカ(株) べたがけ資材用不織布「パスライト」の強化版                        「スーパーパスライト」
  • (株)サカタのタネ 効率的でラクな播種作業                                    高性能半自動播種機「ハシュラクダ」
  • トミタテクノロジー(株) 栽培計画、品質管理に役立ち生産性が向上                   労務管理システム「FSパフォーマンス」
  • (株)アグリセクト 2種類の送粉昆虫でホルモン処理の省力化
               「アグリ・トップマルハナ/アグリ・トップクロマル」
  • 日東紡績(株) 最先端の技術により生み出されたロックウールブロック                  「(Plantop delta)プラントップ・デルタ」
  • 三菱樹脂アグリドリーム(株) 良苗をいつでも、どこでも、誰にでも
             人工光・閉鎖型苗生産装置「苗テラス」
  • ヤンマーグリーンシステム(株) 燃料費削減のためのご提案
             施設園芸用「ガスヒートポンプエアコン」
  • (株)誠和。  もっとデータ活用!栽培環境、生育データ活用支援サービス               「友の会プログレディ[Progredi]」
  • サンテーラ梶@外気温に感応し色が変化するフィルム 「調光」
ミニ情報
  • カットやスライス用に向く単為結果性トマト新品種‘サンドパル’
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部野菜研究室 大川 浩司)
  • 冬春トマト栽培における複合環境制御技術導入の取組
    (熊本県県南広域本部 農林水産部農業普及・振興課 猿渡 真)
  • イチゴ栽培におけるCO2施用効果および濃度の推移
    (新潟県経営普及課 園芸研究センター駐在副参事  齋藤 勲)
  • 北海道における冬季無加温ベビーリーフ栽培
    (北海道立総合研究機構 道南農業試験場 高濱 雅幹)
  • 促成イチゴの電照栽培における代替光源の実用性
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 金子 賢一)
  • EOD-heating処理による輪ギクの省エネルギー栽培
    (秋田県農業試験場 野菜・花き部 山形 敦子)
  • 成育情報活用型スマートアグリシステムの開発を始めました
    (静岡県農林技術研究所 野菜科上席研究員 今原 淳吾)
  • ミニ野菜有望品種の紹介
    (愛媛県農林水産研究所 栽培開発室 主任研究員 河内 博文)
  • 軽少量培地耕におけるミニトマト定植時期の検討
    (島根県農業技術センター 栽培研究部野菜科 奥野かおり)
  • 寒冷地対応太陽光利用型植物工場におけるイチゴ周年栽培
    ((地独)青森県産業技術センター農林総合研究所施設園芸部  伊藤 篤史)
  • 稀少な京の伝統野菜の復活に向けた新たな展開
    (京都府農産課 吉野 育秀)
  • 大規模ないちご狩り園がオープン−越谷いちごタウン−                 (埼玉県春日部農林振興センター 農業支援部技術普及担当 江原 洋一) 
  • 簡単に設置できる隔離栽培キット「ゆめ果菜恵」の開発
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室専門研究員 宇佐川 惠)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634