施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

170号(2015年夏) 内容

巻頭言
  • ここまで来た種子繁殖型イチゴ
    (育種家、元 千葉県育種研究所 所長 成川 昇)
特集 「パプリカ栽培の新たな展開」
  • 世界と日本のパプリカ=流通と生産状況=
    ((有)ベストクロップ 代表取締役 橋本文博)
  • パプリカ日本一の産地を目指した宮城県の取組み
    (宮城県農産園芸環境課 千田 洋                              宮城県農業・園芸総合研究所 高橋正明)
  • 三浦半島における無加温パイプハウスによるパプリカ栽培体系の確立
    (神奈川県農業技術センター 三浦半島地区事務所研究課 高田敦之)
  • 高度環境制御を導入した長野県での夏越しパプリカ栽培
    ((株)信州サラダガーデン 代表取締役 小林 豊)
  • 太陽光型植物工場でのパプリカ生産技術                         (日東紡績(株) 千葉植物工場 柴 智徳)
  • パプリカ・カラーピーマンの光照射追熟を利用した増収技術               (農研機構 野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域 松永 啓)
  • 国産パプリカの大規模生産の現状と課題
    (JA全農生産資材部 園芸資材課 吉田征司                               (株)Tedy 代表取締役 林 俊秀)
  • 地熱の町・大分県九重町から発信する次世代型農業モデル
    ((株)タカヒコアグロビジネス 専務取締役 松尾崇史)
海外情報
  • イスラエルの施設園芸(下)
    (農研機構 野菜茶業研究所 主任研究員 中野有加)    
解説
  • 新たな食料・農業・農村基本計画について                          (農林水産省大臣官房政策課)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>  
  • 施設園芸技術指導士としての抱負                             山中弘則 (JA全農/九州営農資材事業所資材課)
連載/施設環境制御の基本
  • 第1回 熱収支の基本                                     (岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程 准教授 嶋津光鑑)
シリーズ/統合環境制御入門
  • その3−統合環境制御に期待すること−                            ((株)ダブルエム代表取締役・千葉大学特任教授 狩野 敦)       
施設園芸関連製品ガイド
  • サンテーラ 遮光等をしないでも高温障害抑制の事例も                         高温対策用梨地フィルム「クリンテートシルキィ」 
  • JA三井リース  リース料の低減など経営の効率化に役立つ                        「農機・園芸設備購入選択権付リース」 
  • サンホープ 水源の乏しいイスラエルで独自の進化を遂げたリブリス社のドリップか         ん水資材「ドリップチューブ」「ボタンドリッパー」「専用マルチアダプター」 
  • ユニック 生分解性マルチフィルムのパイオニア「キエ丸」                
  • みのる産業 土壌処理剤等の微粒剤・粒剤を均一・広幅に散布                        「粒剤散布機BS-1」         
  • 東京インキ 高断熱性で冷暖房費大幅削減の布団資材                         多層断熱被覆資材「エナジーキーパー」
  • いけうち  濡れない霧を利用する冷房加湿システム                          「クールビム(CoolBIM)」(特許出願中) 
ミニ情報
  • 電源やかん水設備のない場所でも利用できるポット育苗自動かん水システムの開発
    (群馬県農業技術センター 企画部機械施設係主任 田村晃一)
  • 高温による開花遅延のしにくいコギク品種の選定
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 花き研究室 村ア 聡)
  • ポット花きの生育特性に応じた量的施肥技術の開発
    (東京都農林総合研究センター 園芸技術科 小幡彩夏)
  • きゅうり産地力強化のための取組み
    (埼玉県農業技術研究センター 農業革新支援担当 赤羽孝之)
  • 夏秋どりトマトの「十和田砂」を利用した底面給水栽培
    (青森県産業技術センター 農林総合研究所施設園芸部 齋藤雅人)
  • 超微粒ミスト噴霧および遮光の併用によるトマト抑制栽培の高温対策
    (愛知県農業総合試験場 次世代施設野菜研究室 樋江井清隆)
  • 加温栽培カンキツ‘大将季(だいまさき)’の低コスト温度管理法
    (鹿児島県農業開発総合センター 果樹部栽培研究室 久木田 等)
  • おいしくて病害に強い秋どり赤肉メロン‘空知交23号’
    (北海道立花・野菜技術センター(北海道農政部技術普及課) 宮町良治)
  • 太陽光発電(追尾型)の大型トマト施設への利用
    (福島県いわき農林事務所農業振興普及部経営支援課長 土屋貴史)
  • イチゴの土耕ベッドを利用した夏どりメロン栽培
    (千葉県農林総合研究センター暖地園芸研究所野菜・花き研究室  久保周子)
  • 1株で2度おいしい!ブロッコリー2花蕾どり技術の開発
    (徳島県立農林水産総合技術支援センター上席研究員 佐藤佳宏)
  • 佐賀県の統合環境制御への取組み                             (佐賀県農業試験研究センター 野菜栽培研究担当 中島寿亀) 
  • 公設試験場の研究施設を共同研究の場として開放                    (秋田県農林政策課 研究推進班副主幹 加賀谷由博)
  • 急傾斜地にも設置できる片屋根(への字)ハウスの開発                 (愛媛県農林水産研究所 果樹研究センター栽培開発室長 加美 豊)
  • トルコギキョウの抑制栽培作型に適した新品種の育成                  (長野県野菜花き試験場育種部長 矢ケ崎和弘)
  • 「しずおか花セレクション」の取組み                              (静岡県みかん園芸課花き振興班長 秋山邦久)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634