施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

169号(2015年春) 内容

巻頭言
  • ヒートポンプやLEDの利用等による施設園芸の省エネの推進
    (一般社団法人 農業電化協会 代表理事 田澤信二)
特集 「ヒートポンプの普及と利用拡大」
  • ヒートポンプ普及拡大と今後の課題
    (東海大学工学部 教授 林 真紀夫)
  • 燃油価格高騰緊急対策、リース事業におけるヒートポンプの普及
    (農林水産省生産局 農業環境対策課課長補佐(資源循環推進班) 中河原正英)
  • 宮城県栗原市における地下水利用ヒートポンプの導入および温度均一化の取り組み
    (宮城県農業・園芸総合研究所 先進的園芸経営体支援チーム 相澤正樹      宮城大学食産業学部 園芸システム学科 講師           伊吹竜太)
  • 空気熱源式ヒートポンプによる夜間冷房がバラ切花収量と光合成速度に及ぼす影響
    (山形県村山総合支庁 産業経済部農業技術普及課専門普及指導員 酒井友幸)
  • 栃木県下都賀地域のトマト生産現場におけるヒートポンプ利用の現状と課題
    (栃木県下都賀農業振興事務所 経営普及部 野菜課 主任 松本佳浩)
  • 愛知県における野菜・果樹・花きでのヒートポンプ利用の拡大
    (愛知県農産園芸課 野菜・果樹グループ 西川 剛)
  • ヒートポンプを利用した夜間短時間冷房による主要花きへの高温障害軽減効果
    (広島県立総合技術研究所農業技術センター栽培技術研究部副部長 梶原真二)
  • 園芸ハウスにおける自然冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート)による暖冷房技術
    (高知県農業技術センター 作物園芸課チーフ(営農システム担当) 松岡達憲)
  • ハウスミカン栽培におけるヒートポンプの普及と利用拡大                 (佐賀県東松浦農業改良普及センター 園芸担当 貝原洋平)
  • 長崎県の花き生産におけるヒートポンプの活用事例(輪ギク栽培での事例を中心に) (長崎県農産園芸課技術普及班 課長補佐 諸岡淳司)
海外情報
  • イスラエルの施設園芸(上)
    (農研機構 野菜茶業研究所 主任研究員 中野有加)    
全野研若手生産者の自己紹介
  • 角田 敬一 (神奈川県横浜市都筑区)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>  
  • 有馬 智美 (ネポン(株)営業部)
連載/植物工場の生産条件の適正化
  • (4) 「見える化」によるデータの把握・解析                           (みのりラボ(株) 大山克己)
シリーズ/統合環境制御入門
  • その2−統合環境制御のアクチュエータ動作−                            ((株)ダブルエム代表取締役・千葉大学特任教授 狩野 敦)       
施設園芸関連製品ガイド
  • オカモト 夏場作業や収穫の手助けに「猛暑対策の遮熱資材『PO クール』」 
  • イシグロ農材  抜群の溶解性で、シャーブな肥料効果                            「オリジナル養液栽培用配合肥料」 
  • アキレス 防塵性・耐久性・保温性を強化した「高性能防塵耐久農ビ『超天』」 
  • ジャパンドームハウス 断熱性と気密性を兼ね備え耐久性も高い                          「特殊発泡ポリスチレン『北幸式植物工場』」   
  • エスペックミック 世界初CCDセンサ搭載の分光照度計                            「CCD分光光量子メーター MR-16PPF」
  • 小泉製麻 夏の暑さと冬の保温対策に通年利用可能                          「内張りカーテン新製品『ビーナスパール』」 
ミニ情報
  • 「攻めのイチゴ生産」へ向けたモデル構築と普及への取り組み
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室 専門研究員 鶴山浄真)
  • 施設トマト連作による高EC圃場における灌水量の重要性
    (秋田県鹿角地域振興局 農業振興普及課 主査 鈴木 基)
  • ICTによる施設内環境の把握
    (埼玉県加須農林振興センター 農業支援部 技術普及担当 大宅秀史)
  • 続・鳥取県版低コスト施設園芸の推進
    (鳥取県生産振興課 野菜・花き担当 盛山勝一郎)
  • ピンクと白の複色スイートピー新品種‘恋式部’
    (宮崎県総合農業試験場 企画情報室 東 洋一郎)
  • イチゴ高設栽培における果実加温システムの開発
    (神奈川県農業技術センター 生産技術部 深山陽子)
  • ヒートポンプを用いた夜冷処理によるシクラメンの生育と開花の促進
    (奈良県農業研究開発センター 花き栽培ユニット 虎太有里)
  • 観光牡丹園でボタンの真空パック技術が活躍!
    (島根県農業技術センター 栽培研究部 花き科長 川村 通)
  • 「達人に学ぶ 経営改善につながる100の提案」の作成
    (福岡県経営技術支援課 経営企画係 瓜生智典)
  • 津波被災地域の復興に向けた施設園芸団地の整備
    (岩手県農産園芸課 園芸特産担当  菅野史拓)
  • 促成栽培ナスで増収効果の高い日の出後CO2施用
    (福岡県農林業総合試験場 筑後分場 野菜チーム 古賀 武)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634