施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

167号(2014年秋) 内容

巻頭言
  • 園芸分野で求められる研究者・技術者像
    (宮崎大学農学部 植物生産環境科学科 教授 位田 晴久)
特集 「イチゴ栽培の新たな展開」
  • 太陽光利用型植物工場でのイチゴ栽培
    (農研機構 九州沖縄農業研究センター イチゴ栽培研究グループ 日高 功太)
  • イチゴ団地を中心とした震災復興の取り組みと初年度の生産販売状況
    (宮城県亘理農業改良普及センター 技術主幹 今野 誠)
  • 九州平坦地における夏イチゴ栽培の実証
    ((株)ナチュラルステップ 筑紫野オフィス 伏原 肇)
  • 農業ベンチャー「(有)のぞみふぁーむ」におけるイチゴ栽培
    (岡山大学農学部 教授・ (有)のぞみファーム 取締役 吉田 裕一)
  • イチゴの品質・流通と内外需要動向
    (オイシックス(株) 商品本部 阪下 利久)
産地・生産者情報
  • (株)イグナルファームでの震災復興とトマト・キュウリ・イチゴの法人経営
    ((株)イグナルファーム 代表取締役社長 阿部 聡)                         (協力:宮城県石巻農業改良普及センター)
  • 岩手大学における三陸復興支援と園芸振興                        (岩手大学名誉教授・同大 三陸復興推進機構客員教授 岡田 益己)
海外情報
  • 「台湾植物工場の産業化」−国立台湾大学 生物産業機電工程学科 方教授・
    学部長のGPEC講演より−                                  (千葉大学大学院 園芸学研究科 准教授 彦坂 晶子) 
技術情報
  • オランダおよび日本トマトの生理的差異の研究ー根圏部に注目してー         (明治大学農学部 農学科 准教授 池田 敬)
全野研若手生産者の自己紹介
  • 大柳 寿秀(青森県青森市)・吉田 隆繁(青森県蓬田村)
連載/植物工場の生産条件の適正化
  • (2) 作物の生育と物理環境の計測                             (みのりラボ(株) 大山 克己)
連載/ロックウール栽培における管理技術
  • B 水分管理による根張りの向上と植物操作                       (日東紡 環境・ヘルス事業部門 グリーン事業部 吉田 征司)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>
  • 施設園芸技術指導士としての抱負                              (住友電気工業(株) 新領域技術研究所 農業技術研究室 深川 大志)
園芸関連製品ガイド
  • サンキンB&G  硬質フィルムハウス向けの押えレール「アルミ押えレール」 
  • シーアイ化成  作物のヤケ対策と病害虫抑制に「カゲナシ5UV」 
  • イーエス・ウォーターネット 気化熱利用ミストで大規模空間を冷却「マイクロフォガー                 セット」  
  • ソーワテクニカ ハウスの大きさによって機種選定が可能                          園芸ハウス用循環扇「ストレートパワーファン」 
  • 東罐興産 省エネ資材のご提案−「ふくら〜夢」等省エネ資材 
  • 東海物産 マルハナバチ巣箱をリニューアル「ハニートーン」(新巣箱)
  • ダイオ化成 吸水・透湿性に優れた内張り保温カーテン                         「ハイブレス(透明タイプ)・ホワイトハイブレス(白色タイプ)」
  • 井関農機 栽培環境の改善や早期の病害発見に役立つ                        「植物生育診断装置(PD6C)」 
  • 近江度量衡 あらゆる選果システムに対応「STARシリーズ選別機」 
ミニ情報
  • ルクリアの新品種‘紅富士’の出荷が始まります
    (山梨県総合農業技術センター 農業技術普及部主幹 中澤 滋芳)
  • 半自動野菜移植機を活用した短茎小ギク栽培技術
    (滋賀県農業技術振興センター 花・果樹研究部 今井 俊行)
  • いちご‘越後姫’苗の温湯浸漬によるうどんこ病の防除技術を現地実証
    (新潟県新発田地域振興局 農業振興部普及課 谷内田 学)
  • 花芽分化期の長日処理によるイチゴ‘さぬき姫’の開花期の調節
    (香川県農業試験場 野菜・花き部門 主席研究員 松崎 朝浩)
  • 園芸用ハウス「木骨ハウス」で木質資源の有効活用
    (岩手県農業研究センター 南部園芸研究室 川村 浩美)
  • 高冷地での夏秋どりイチゴ栽培
    (長野県佐久農業改良普及センター 技術係 小口 久寿)
  • 慣行作型との組み合わせに適したイチゴの厳寒期どり新作型
    (福岡県農林業総合試験場 野菜部長 森山 友幸)
  • 土壌水分制御による黒系品種‘ピオーネ’の着色改善
    (島根県農業技術センター 栽培研究部 果樹科 栂野 康行)
  • 北海道における養液栽培パッケージモデル
    (北海道農産振興課 園芸グループ 滝野 元信)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634