施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

166号(2014年夏) 内容

巻頭言
  • 施設園芸・植物工場の技術開発、普及と人材力の向上
    (板木技術士事務所 所長 板木利隆)
特集 「次世代施設園芸拠点の展望」
  • 攻めの農業の旗艦「次世代施設園芸」〜次世代施設園芸の全国展開〜
    (農林水産省生産局 花き産業・施設園芸振興室 室長 川合豊彦)
  • 静岡県・富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアムの概要
    (静岡県みかん園芸課 野菜振興班 主査 大場聖司)
  • 高知県における次世代施設園芸の導入
    (高知県環境農業推進課 環境担当 主幹 田中悠起)
  • 宮崎県の次世代施設園芸導入による高生産性施設園芸の新たな展開
    (宮崎県農産園芸課 主幹 木佐貫 守)
特別寄稿
  • 大規模施設園芸における環境制御システムの発展方向
    (NPO植物工場研究会 理事長      古在豊樹                    千葉大学大学院 園芸学研究科 教授  丸尾 達)
解説
  • 「花きの振興に関する法律」の成立
    (農林水産省生産局 花き産業・施設園芸振興室 室長 川合豊彦)
海外情報
  • 日本の廃プラ輸出と中国における農業廃プラの再生産業                (名古屋大学名誉教授 竹谷裕之) 
技術情報
  • HP暖房の意外な省エネ効果〜温風送風方式の違いと地中伝熱量〜         (山形県庄内総合支庁農業技術普及課 産地研究室主任専門研究員 古野伸典)
全野研若手生産者の自己紹介
  • 二見 敏明(神奈川県茅ヶ崎市)
連載/植物工場の生産条件の適正化
  • (1) PDCAサイクル                                      (みのりラボ(株) 大山克己)
連載/施設園芸の理論と実際
  • その4 ガス交換と個体群
    (大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 准教授 渋谷俊夫)
連載/ロックウール栽培における管理技術
  • A 気候管理は環境測定から                                (日東紡 環境・ヘルス事業部門 グリーン事業部 吉田征司)
施設園芸技術指導士の<フィールドノート>
  • 施設園芸技術指導士としての抱負                              (東京インキ(株)加工品営業部 木戸康晴)
園芸関連製品ガイド
  • サンホープ  夏の高温対策に!「散水亭屋根太朗」 
  • アーサーアグリ  複合微生物群を活用した無化学肥料栽培                         「土耕型隔離床栽培システム」 
  • シーアイマテックス 大雪や台風にも耐える!!パイプハウス「STXパイプハウス」  
  • 東京インキ 高吸湿性PVAフィルム「カラぬ〜く」の効果 
  • JA三井リース 申込書1枚、簡易審査で資金需要に対応                          農業者向けファイナンス「農業かんたんサポート」 
  • アキレス ハウス内の温度保ち燃料費を削減!「内張り・カーテンシリーズ」
  • トキタ種苗 注目の「イタリアン」野菜を施設栽培で                            グストイタリア「バジリコシリーズ」
  • みのる産業 帯電噴霧で農薬の使用量を節減「静電噴口(多頭型)e−ジェッター           CUBE」 
  • イーズ 農業用ヒートポンプ国内シェアbP「ぐっぴーバズーカ・シングルタイプ」
  • いけうち  濡れない霧を利用する冷房加湿システム「クールビムCoolBIM」  
  • ユニック 省力化、収穫の機械化、大規模化に対応                         生分解性マルチフィルム「キエ丸」                    
ミニ情報
  • 「葉菜類周年栽培の経営モデル」を作成
    (青森県産業技術センター 農林総合研究所 施設園芸部 齋藤雅人)
  • 「冬春トマトの新規就農者育成研修施設」を開設
    (岐阜県農業経営課 担い手対策室(岐阜県就農支援センター) 田村康則)
  • 湿地性カラーの新しい花持ち日数延長技術
    (千葉県農林総合研究センター 暖地園芸研究所 上席研究員 海老原克介)
  • 高輝度Red-LEDを用いた夏秋小ギクの暗期中断処理効果の検証
    (富山県農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 井上徹彦)
  • イチゴのランナー挿しセル苗利用による炭そ病の抑制と省力化
    (徳島県立農林水産総合技術支援センター 農産園芸研究課 佐藤佳宏)
  • 鳥取県版低コスト施設園芸の推進
    (鳥取県生産振興課 野菜・花き担当 盛山勝一郎)
  • 促成ピーマンのヒートポンプハイブリッド暖房の燃料削減効果
    (鹿児島県農業開発総合センター 園芸作物部 野菜研究室長 田中義弘)
  • 養液栽培での高温性ピシウム病害の安全性診断マニュアルを作成
    (愛知県農業総合試験場 生物工学研究室 三宅律幸)
  • 緑肥利用によるミニトマトの土壌病害対策の検討始まる
    (青森県三八地域県民局 農業普及振興室 主幹普及指導員 木下 均)
  • イチゴ「かおり野」における植物成長調節剤の利用
    (三重県中央農業改良普及センター 地域農業推進課 菅谷耕紀)
  • 冬季の低温を利用した高糖度ホウレンソウ生産の取り組み
    (奈良県農業研究開発センター 技術支援課野菜指導係 小林 甫)
  • 半促成長期どりアスパラガスの秋期追肥の省力化
    (長崎県農林技術開発センター 土壌肥料研究室 室長 大津善雄)
  • 春カボチャの直播き立体栽培の実証
    (鹿児島県南薩地域振興局農政普及課野菜普及係 小M美弘)
  • 花冠取り器を用いたブドウ‘サンヴェルデ’のさび果発生軽減
    (石川県農林総合研究センター 農試砂丘地農業研究センター 玉村壮太)
  • ハウスデラウェアの無加温・早期出荷栽培技術の開発
    (徳島県立農林水産総合技術支援センター 高度技術支援課 遠藤隆行)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634