施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

165号(2014年春) 内容

巻頭言
  • 「太陽を効率的に収穫する」――それが施設園芸
    (東大・長崎大名誉教授、沖縄県農業研究センター招聘主任研究員 倉直)
特集 「施設園芸における省エネルギー新技術」
  • 燃油価格高騰緊急対策と省エネ新技術の動向
    (東海大学工学部 教授 林 真紀夫)
  • 施設園芸での地中熱ヒートポンプシステム利用
    (農研機構 農村工学研究所 農地基盤工学研究領域 奥島里美)
  • 佐賀県の施設キュウリにおけるヒートポンプの活用
    (佐賀県農業技術防除センター 専門技術員 松尾定)
  • EOD-heating処理による切り花、鉢花の省エネ栽培技術
    (農研機構 花き研究所 花き研究領域 道園美弦)
  • 「テープヒータ」によるイチゴの株元加温技術
    (山口県農林総合技術センター 農業技術部 専門研究員 鶴山浄真)
  • 布団資材を用いた省エネ技術の開発と現地での実証や普及
    (香川県農業生産流通課 古市崇雄/近畿中国四国農業研究センター 川嶋浩樹)
  • 空気膜ハウスによる省エネ栽培
    (宮城県農業・園芸総合研究所 相澤正樹)
海外情報
  • 2013ベトナム施設園芸現地研修ツアーに参加して                    (農研機構 近畿中国四国農業研究センター 傾斜地園芸研究領域 畔柳武司) 
技術情報
  • 積雪寒冷地域における空気熱源ヒートポンプと地下水熱源ヒートポンプの能力評価 (山形県庄内総合支庁農業技術普及課 産地研究室主任専門研究員 古野伸典)
産地・生産者情報
  • トマトの低段密植栽培における実証栽培と人材育成=静岡県藤枝市          ((株)静岡アグリビジネス研究所 玉井大悟)      
全野研若手生産者の自己紹介
  • 吉久保 憲章(茨城県北茨城市)
連載/ロックウール栽培における管理技術
  • @ 植物の理想状態とは                                   (日東紡 環境・ヘルス事業部門 グリーン事業部 吉田征司)
連載/施設園芸の理論と実際
  • その3 気流とガス交換
    (大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 准教授 渋谷俊夫)
園芸関連製品ガイド
  • イシグロ農材 生産性と作業性をバランスよくまとめた「養液隔離栽培システム」 
  • サカタのタネ 高機能ケイ酸剤「バリカタ!」
             夏専用トンネル栽培資材「モヒカンネット」 
  • 小泉製麻 ありそうで無かった防草シート補修テープ「ルンルンシート補修テープ」  
  • エスペックミック 光の波長測定をより簡易的により低コストで                         「簡易CMOSセンサ分光器」                      
ミニ情報
  • 「浮き楽栽培法」による葉菜類栽培
    (広島県立総合技術研究所農業技術センター 副主任研究員 柳本裕子)
  • イチゴの1条疎植栽培で管理作業を軽減
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 農産園芸部 山本晃一)
  • 施設環境制御によるバラの生産性向上に向けて
    (大分県農林水産研究指導センター 農業研究部花きグループ 甲斐克明)
  • 秋田県ダリア‘NAMAHAGEマジック’が日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2013を受賞!!
    (秋田県園芸振興課 果樹・花き班 太田 智)
  • クラウン冷却による‘なつおとめ’の安定栽培
    (栃木県農業試験場いちご研究所 開発研究室 中西達郎)
  • 移動式の太陽光発電活用のキク電照システム
    (秋田県農業試験場 野菜・花き部 花き担当 佐藤孝夫)
  • ポインセチアの日没時昇温処理(EOD-heating)による省エネ効果
    (東京都農林総合研究センター 園芸技術科花き研究チーム 岡澤立夫)
  • 転炉スラグを用いた土壌pH改良でホウレンソウ萎凋病の被害を軽減
    (岩手県農業研究センター 環境部 岩舘康哉)
  • 遮熱資材を利用した夏秋トマトのハウス内温度の抑制
    (秋田県鹿角地域振興局 農業振興普及課 小野寺 徹)
  • 「地域で実践できるコスト低減技術350の提案」を作成
    (福岡県経営技術支援課 経営企画係 花田由理子)
  • 局所冷房によるコチョウランの低コスト花茎発生技術の開発
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部花き研究室 平野哲司)
  • ドライミストによるシクラメンの夏期高温対策
    (三重県農業研究所 花植木研究課主幹研究員 長谷川治基)
  • 生産者と共同で葉色の濃い夏用小ネギ品種を育成!
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室 藤井宏栄)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634