施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

163号(2013年秋) 内容

巻頭言
  • 施設園芸の大規模化と経営課題
    (農研機構 中央農業総合研究センター 企画管理部長  梅本 雅)
特集 「施設園芸における大規模経営の展開」
  • いわき小名浜菜園における国内最大規模のトマト施設栽培
    (いわき小名浜菜園(株) 代表取締役 那須野 崇之)
  • 堀越園芸における快適でゆとりある大規模キュウリ経営=群馬県前橋市=
    (群馬県中部農業事務所 普及指導課 川島 正俊)
  • 独自性の高い企画・生産・販売でパプリカ中心の大規模経営を追求         =リッチフィールド(宮城栗原・大分由布・茨城美浦)=
    (リッチフィールド(株) 営業部 守屋 佑亮)
  • (有)アグリセゾンにおける葉菜類の大規模経営=山口県下関市=
    ((有)アグリセゾン代表取締役 福永彰・山口県下関農林事務所農業部 廣林 祐一)
  • メルヘンローズにおけるバラ大規模経営の展開=大分県玖珠町=
    ((有)メルヘンローズ 代表取締役 小畑 和敏)
海外情報
  • イスラエルの農業技術−その発展の秘密−
    (ネタフィムジャパン(株) アグロノミスト 田川 不二夫)
技術情報
  • 植物工場統合型環境制御システムの開発実証と今後の展開            (千葉大学大学院 園芸学研究科 教授 丸尾 達)               
技術情報
  • ハウス日射透過率の評価方法と実測                         (NPO 植物工場研究会 関山 哲雄)                            
技術情報
  • トマト生体情報計測と環境制御                               (愛媛大学農学部・愛媛大学植物工場研究センター 准教授 高山弘太郎)
全野研若手生産者の自己紹介
  • 長嶋 智久(栃木県宇都宮市)・西山 賢一(神奈川県厚木市)
連載/施設園芸の理論と実際
  • その1 湿度と蒸散
    (大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 准教授 渋谷 俊夫)
生産者グループの紹介
  • 地域間・地域内での農業者連携の取組み〜「オリザ」の地域間連携など〜
    ((株)浅井農園 代表取締役・(株)オリザ 取締役CEO・みえ次世代ファーマーズmiel 代表理事 浅井 雄一郎)
施設園芸技術指導士のフィールドノート
  • 施設園芸の発展に向けて
    (三菱樹脂梶@産業フィルム開発センター 市村 拓野)
園芸関連製品ガイド
  • 三秀工業 無加温・多品目対応で周年栽培が可能                           低コスト養液栽培システム「ミズマックLシステム」 
  • 佐藤産業 作業性・耐久性に優れる妻面換気窓「妻将軍PC」
  • (株)渡辺採種場 節水管理なしの高糖度・良食味(中玉)トマト「Mr.浅野のけっさく」 
  • 近江度量衡 光センサーで柑橘の正確な等階級判定                          =柑橘選別機・選果システム「M-SMART方式」
  • ダイオ化成 吸水・透湿性に優れた内張り保温カーテン                         「ハイブレス(透明タイプ)」「ホワイトハイブレス」
  • GTスパイラル 簡単施工で、強力な耐力を有する「GTスパイラル基礎杭」
  • サンキンB&G 間口と奥行が同柱ピッチで採光性良好                           =超低コストハウス「SLC66ハウス」
  • シーアイ化成 高機能塗布型農POフィルム 「『カゲナシ5』散乱光農POフィルム」          「『エアプラス』独立気泡構造農POフィルム」
  • 東都興業 使い方にあわせて開閉設定等が可能                            「電動カンキット」(サイド仕様・タニ仕様・カーテン仕様)
  • 東罐興産 光合成に有効な波長を増幅するフィルム「スカーレット」
  • 東海物産 水溶性粉体で安定してリン酸を供給                             =粉体ポリリン酸肥料「Fine-K(ファインK)」
ミニ情報
  • イチゴの簡易夜冷育苗方式
    (茨城県農業総合センター園芸研究所 野菜研究室 森田名那子)
  • イチゴ「かおり野」サミットが開催されます
    (三重県農業研究所 森 利樹)
  • トマト黄化葉巻病に耐病性を示すファーストトマト品種「TYファースト」 
    (愛知県農業総合試験場 野菜研究室主任研究員 加藤 政司)
  • トマト袋培地栽培における培地加温による暖房費の削減
    (福岡県農業総合試験場 野菜部長 森山 友幸)
  • 輪ギク栽培における家庭用LED光源の利用
    (香川県農業試験場 野菜・花き部門 主任研究員 瀬尾 龍右)
  • 地床アールス系メロン脱臭化メチル栽培マニュアルを作成
    (千葉県農林総合研究センター 暖地園芸研究所 植松 清次)
  • 潜熱蓄熱資材を利用した冬季の燃油削減に取り組む
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 農業技術センター 渡邉 圭太)
  • 高温対策をテーマとしたフラワーリーダー養成講座の取組み
    (北海道農産振興課 主任 高嶋 秀治)
  • 花きポットトレイ用定量施肥機による省力・低コスト化技術
    (群馬県農業技術センター 川端 聖子)
  • 花とみどりで笑顔いっぱいキャンペーンを実施中
    (埼玉県生産振興課 花き・果樹・特産担当主査 舟田 一与)
  • トルコギキョウの抑制栽培作型における品種比較試験
    (島根県農業技術センター 栽培研究部花き科主任研究員 田中 博一)
  • シンビジウムの省エネルギー型生産技術の普及
    (徳島県立農林水産総合技術支援センター 高度技術支援課 尾形 光哉)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634