施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:A4判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

162号(2013年夏) 内容

巻頭言
  • 日本施設園芸協会が果たすべき役割
    ((一社) 日本施設園芸協会 会長 篠原 温)
全野研コーナー
  • 将来に夢の持てる野菜栽培をめざして
    (全国野菜園芸技術研究会 会長 大山 寛)
全野研若手生産者の自己紹介
  • 嶺岸 雄二(宮城県仙台市)・金井 和夫(埼玉県熊谷市)
特集 「トマト栽培の新しい流れ」
  • 大規模トマト栽培を中心とした石巻周辺の震災復興
    (宮城県石巻農業改良普及センター 舟山和宏)
  • 統合環境制御によるトマト多収栽培技術
    ((株)誠和。営業本部 主幹研究員 斉藤 章)
  • 消費者の求めるトマトの食味と成分
    (オイシックス(株) 商品本部技術開発チームリーダー 阪下利久)
  • 最近のトマト品種・育種の動向
    (農研機構 野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域主任研究員 松永 啓)
  • トマト苗生産の最近の技術開発と需要動向
    (ベルグアース(株) 取締役営業本部長 清水耕一)
  • トマト施設栽培における最近の総合防除(IPM)
    (農研機構 中央農業総合研究センター病害虫研究領域長 本多健一郎)
技術情報
  • 高知県における環境制御・省エネ技術開発の取り組み                 ―中小規模施設向けの複合エコ環境制御技術を中心として―
    (高知大学 教育研究部 自然科学系農学部門准教授 宮内樹代史)
産地・生産者情報
  • 福岡県久留米市・(有)コスモファームにおける高糖度トマト生産
    ((有)コスモファーム代表取締役 稲吉慶介/久留米普及指導センター 坂井佑輔 )
海外情報
  • 連載/北アメリカの園芸産業−その3−米国における施設園芸事情         米国大学農学部における普及とプロフェッショナル教育事情
    (米国アリゾナ大学 農学生命科学部 教授 久保田智恵利)
園芸関連製品ガイド
  • 日本合成化学・東京インキ                                  保温性、除湿効果、透光性を兼ね備えた高性能PVAフィルム「カラぬ〜く」 
  • イーズ ハウス栽培用熱回収型除湿換気システム「どくとるドライ」
  • みのる産業 腰を曲げずにラクに移植ができる「なかよしくん(HPS-3)」
  • アキレス 燃費削減に保温効果の高い内張り・カーテン                 「ノンキリースベールH」「ヌクマールさらりZ」
  • サンホープ 比例式液肥混入器新型を新発売=「ドサトロンDR-8GL」
  • エスペックミック 計測の子機とデータ収集の親機で構成「ミニワイヤレスシリーズ」
  • トキタ種苗 トマト黄化葉巻病耐病性2品種を新発売「豊作祈願1102・1103」
ミニ情報
  • 結束バンドで宙づり設置ができ持運び可能な「中空構造栽培槽」
    (大阪府環境農林水産総合研究所 主幹研究員 内山知二)
  • ブドウ‘サニールージュ’の果房伸長促進処理技術
    (宮崎県総合農業試験場果樹部 技師 迫田剛行)
  • 土壌病害に強い宮崎県育成のピーマン台木
    (宮崎県総合農業試験場生物工学部 杉田亘)
  • 廃タイヤを暖房燃料に利用したミニトマト栽培の取組み
    (青森県農産園芸課冬の農業推進グループ 間山三紀夫)
  • 施設トマト栽培における高温期減収対策技術
    (石川県農林総合研究センター農業試験場 主任研究員 池野明夫)
  • 猛暑日が続く春ネギ育苗期の簡易な高温対策
    (鳥取県農林水産研究所 企画総務課参事 佐古 勇)
  • アスパラガスにおける夏季追加立茎の効果
    (長崎県農林技術開発センター 野菜研究室主任研究員 陣野信博)
  • ピーマンウイルス病(PMMoV)防除対策の取組み
    (鹿児島県南薩地域振興局 農政普及課 相本涼子)
  • 計測器による夏秋トマトのリアルタイム栄養診断で単収向上
    (岐阜県飛騨農林事務所 農業普及課 野菜指導第2係 市原知幸)
  • 温室メロンの低温管理による暖房コストの削減
    (静岡県農林技術研究所 野菜科上席研究員 今原淳吾)
  • 加工向けイチゴの流通実態
    (栃木県農業試験場いちご研究所 大森雅子)
  • 温湯処理によるイチゴうどんこ病の防除
    (新潟県経営普及課 副参事 堀 武志)
  • 中空構造栽培槽を用いたイチゴの高設栽培
    (奈良県農業総合センター 研究開発部野菜栽培チーム 安川人央)
  • 山口イチゴ次世代品種の選定
    (山口県農業振興課 園芸振興班主任 大久保孝志)
  • 散乱光線の割合が高い被覆資材を利用したマンゴーの着色障害軽減技術
    (鹿児島県農業開発総合センター果樹部 主任研究員 矢野浩平)
  • 気温上昇が福島県のリンドウ生産に及ぼす影響の予測
    (福島県農業総合センター 作物園芸部花き科 矢吹隆夫)
  • チューリップ促成栽培におけるLED電球の照射効果
    (富山県農林水産総合技術センター 園芸研究所花き課 辻 俊明)
  • シクラメン栽培における交信撹乱による省力防除
    (三重県中央農業改良普及センター 磯山陽介)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634