施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

160号(2013年冬) 内容

巻頭言
  • 養液栽培適性品種はあるか?
    (農研機構 野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域長 吉田 建実)
論説・解説
  • イチゴ品種・栽培技術の将来展望
    (農研機構 九州沖縄農業研究センター 上席研究員  沖村 誠)
特集 「イチゴの安定生産に向けた新技術」
  • イチゴ種子繁殖型品種の将来展望
    (三重県農業研究所 主幹研究員 森 利樹)
  • 東北地方の気象条件を活かした一季成り性品種の夏秋栽培技術
    (農研機構 東北農業研究センター 畑作園芸領域 山崎 浩道)
  • イチゴ高設栽培における気化熱を利用した培地冷却技術
    (農研機構 近畿中国四国農業研究センター 環境保全型野菜研究領域 山崎 敬亮)
  • イチゴ高設栽培における簡易局部加温法
    (福岡県総合農業試験場 野菜部 イチゴチーム研究員 水上 宏二)
技術情報
  • 園芸施設における太陽光発電利用
    (島根大学 生物資源科学部 地域環境科学科 准教授 谷野 章)
  • 根域加温によるハウスイチジクの生育促進効果
    (愛知農業総合試験場・園芸研究部 落葉果樹研究室 上林 義幸)
  • 雨よけと根域制限栽培による二季成り赤色ラズベリー‘サマーフェスティバル’の栽培方法
    (宮城農業・園芸総合研究所 園芸栽培部果樹チーム 上席主任研究員 池田 裕章)
海外情報
  • 連載/北アメリカの園芸産業−その1−米国における野菜苗生産事情
    (米国アリゾナ大学 農学生命科学部 教授 久保田 智恵利)
産地・生産者情報
  • 栃木県下都賀地域におけるトマト促成長期どり栽培(栃木トマト部会)の経緯と現状
    (栃木県下都賀農業振興事務所 経営普及部 野菜課 主任 松本 佳浩)
施設園芸技術指導士のフィールドノート
  • 施設園芸の発展に向けて
    (トヨハシ種苗(株) ハウス施設課 牧瀬 勝則)
園芸関連製品ガイド
  • 三菱樹脂アグリドリーム 散乱光型農POで収量・品質向上「美サンランダイヤスター」
  • 誠和。 栽培上必要な環境要素を測定!「プ ロ フ ァ イ ン ダ ー」(環境測定装置)
  • 日東紡 進化を遂げた新スタンダード培地・グロダン ロックウール「クラシックMY」
  • ユニチカ 省力栽培の切り札!! 灌水用資材「ラブマットU」
  • ヤンマー 加工・業務用キャベツ収穫機「HC125、HC141」(H25年度発売予定)
  • サンテーラ 中・長期展張など用途別品揃えの農POフィルム「クリンテート」シリーズ
  • カネコ種苗 植物工場向けのレタス新アイテム「マルチリーフレタス」
  • 東罐興産 拡散光で夏涼しく、特殊製法で冬暖かい多層構造農PO「グッドクール」
ミニ情報
  • チーム活動によるきゅうり黄化えそ病対策
    (岐阜県西濃 農林事務所 農業普及課 野菜指導係 五十川 悦司)
  • 自家施工できるオウトウの簡易低樹高ハウス
    (奈良県農業総合センター 普及技術課 北條 雅也)
  • 積雪寒冷地に適した施設園芸用の地下水熱源ヒートポンプシステム
    (山形県庄内総合支庁農業技術普及課 主任専門研究員 菅原 敬)
  • 夏秋イチゴにおけるクラウン温度制御技術の現地実証
    (宮城県栗原農業改良普及センター 主任主査 瀧 典明)
  • 大果系いちご新品種‘スカイベリー(栃木i27号)’
    (栃木県農業試験場 いちご研究所 所長 深澤 郁男)
  • 第58回全日本花卉品種審査会(ユーストマ・季咲き)を開催
    (福島県農業総合センター 作物園芸部花き科 宗方 宏之)
  • 「瀬戸内 広島レモン」首都圏へ発信!
    (広島県園芸産地推進課 果樹花き振興グループ主幹 志俵 政夫)
  • 震災復興に向けた「熊本型雨水利用技術」の導入
    (宮城県石巻農業改良普及センター 先進技術第二班技師 舟山 和宏)
  • 不織布ポットを用いたトマト養液栽培
    (長野県野菜花き試験場 野菜部 川上 暢喜)
  • 種々のメリットがあるアスパラガスの小型ハウス栽培
    (長野県上伊那農業改良普及センター 技術係主査 木下 義明)
  • 自然エネルギーを利用した園芸施設を整備
    (佐賀県農業試験研究センター 野菜・花き部長 横尾 浩明)
  • 雪害に強いパイプハウスの開発
    (岐阜県中山間農業総合研究所 試験研究部 袖垣 一也)
  • スプレーギクの効率的生産技術確立試験を実施
    (鹿児島県農業開発総合センター 花き部長 白山 竜次)
  • 環境制御の高度化で低軒高温室を再生低コスト高品質生産を目指す
    (静岡県農林技術研究所 野菜科長 大石 直記)
  • イチゴの収穫株から出たランナー子株をそのまま受けて連続生産
    (島根県農業技術センター 野菜グループ専門研究員 金森 健一)
  • 食用ぎく栽培でのアザミウマ類の総合的防除体系の確立
    (秋田県農業試験場 生産環境部 菊池 英樹)
  • マルチ畦内消毒によるナス半身萎凋病対策
    (岡山県真庭農業普及指導センター 山本 俊久)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634