施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

159号(2012年秋) 内容

巻頭言
  • 光り輝け、ハウス栽培の果物!
    ((独)農研機構理事兼 果樹研究所長 長谷川美典)
論説・解説
  • 果樹農業の発展に向けた研究開発
    ((独)農研機構 果樹研究所 企画管理部長  松田長生)
特集 「果樹栽培における光の利用」
  • 果樹の生育に及ぼす光の影響とその利用
    ((独)農研機構 果樹研究所 栽培・流通利用研究領域 伊東明子)
  • ブドウの着色に及ぼす光と温度の影響
    ((独)農研機構 果樹研究所 ブドウ・カキ研究領域 東 暁史)
  • 人工光利用による施設栽培ブドウの高品質化技術の開発
    (山梨県果樹試験場 栽培部 ブドウ栽培科 宇土幸伸)
技術情報
  • ハウスミカンにおけるヒートポンプを活用した省エネ・低コスト生産技術
    (佐賀県果樹試験場 常緑果樹研究担当 池田繁成)
  • マンゴーにおける変温および変夜温管理による重油節減
    (鹿児島農業開発総合センター 果樹部 栽培研究室 矢野浩平)
  • 植物の葉面積と天候を検知する散乱光センサーを用いた遠隔給液制御システム
    (静岡県農林技術研究所 野菜科長 大石直記)
海外情報
  • イスラエルの施設園芸と先進的な水利用技術
    (農林水産省生産局園芸作物課 青果物生産流通消費情報分析官 相馬厚司)
産地・生産者情報
  • 埼玉県北埼玉地域のキュウリ生産−加須市園芸組合の活動事例から−
    (埼玉県加須農林振興センター 農業支援部 技術普及担当 齋藤敦子)
施設園芸Q&A
  • 循環扇の上手 な使い方について教えて下さい
    ((独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター 畔柳武司) 
施設園芸技術指導士のフィールドノート
  • 立つべき位置
    (福井シード(株) 代表取締役 井村裕治)
交差点
  • 私達は国産品です
    (日本ロックウール(株) 農材営業部長 小林 修)
園芸関連製品ガイド
  • シーアイ化成 高保温性農POフィルム(独立気泡構造)「スカイコート5 エアプラス」
  • 渡辺採種場 節水管理いらずの高糖度・良食味トマト「Mr.浅野のけっさく」
  • 東都興業 お好みの操作方法でハウス換気を楽に「電動カンキット 」
  • MKVドリーム 新タイプの広域散水チューブ 「キ リ コ RRV」
  • ダイオ化成 用途に応じた内張りカーテン資材2種                    「ダイオハイブレス1500N(透明)・ホワイトハイブレス4500SW(白)」
  • 東海物産 電源不要の液肥混入器 「アミアド インジェクター 4-01」
ミニ情報
  • りんご剪定枝を燃料に活用した花き栽培の取組み
    (青森県農産園芸課 冬の農業推進グループ 三上道彦)
  • 水稲育苗ハウスを利用したブドウのボックス栽培
    (富山県農林水産総合技術センター 果樹研究センター 徳満慎一)
  • トマト低段・多段組合せ栽培
    (神奈川県農業技術センター 野菜作物研究部 保谷明江)
  • 伸長著しい長野県北信地域におけるプラムの平棚栽培
    (長野県北信農業改良普及センター 普及指導員 三井 光)
  • ブドウ‘シャインマスカット’のパイプハウスでの根域制限栽培
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 果樹研究室 清水 明)
  • 山口型イチゴ高設‘らくラック’栽培糟利用で夏秋トマト16t/10a採りを実証
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室 古橋典子)
  • 県育成ブルーベリーの大粒生産に向けたせん定法の推進
    (群馬県農政部技術支援課 中山間地園芸研究センター駐在 渡辺一郎)
  • 根域局所加温によるハウスイチジク栽培の省エネ化
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部 落葉果樹研究室 上林義幸)
  • ブドウ‘竜宝’の高品質・軽労栽培技術
    (滋賀県農業技術振興センター 花・果樹研究部 中井洋子)
  • ブドウ波状型ハウスにおける高温障害対策技術の開発
    (大阪府立環境農林水産総合研究所 食の安全研究部 磯部武志)
  • ハウスミカンのヒートポンプ冷暖房除湿による浮皮軽減と着色向上効果
    (長崎県農林技術開発センター カンキツ研究室 荒牧貞幸)
  • もみ殻と肥効調節型肥料を利用した野菜栽培
    (青森県産業技術センター農林総合研究所 施設園芸部 齋藤雅人)
  • メロンの「北海道ブランド品種」認定に向けて
    (北海道農産振興課 園芸グループ 多羽田 雅哉)
  • “安くて”、“ラクな”かん水システムでピーマン収量アップ
    (岩手県農業研究センター 野菜花き研究室 漆原昌二)
  • ブドウの加温栽培での「きのこ使用済み培地固形化燃料」の利用
    (長野県果樹試験場 育種部長 泉克明)
  • 兵庫方式イチゴ高設栽培装置への送風による培地冷却
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 農産園芸部 山本晃一)
  • 着果処理が不要なナス新品種‘省太(しょうた)’
    (福岡県園芸振興課 野菜係 外園博康)
  • 冬のトルコギキョウ栽培、ボトキラーの自動散布で省力防除
    (三重県中央農業改良普及センター 山本一輝)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634