施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 70頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

158号(2012年夏) 内容

巻頭言
  • 太陽光利用型植物工場の課題と展望
    (千葉大学 特任教授 池田 英男)
特集 「太陽光利用型植物工場−技術開発の最前線−」
  • 次世代型施設園芸の実証−千葉大学の取組み−
    (千葉大学 大学院 園芸学研究科 准教授 丸尾 達)
  • 施設生産の高度化・効率化に向けた野菜茶業研究所の取組み
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所 野菜研究調整監 鈴木 克己)
  • 植物工場三重拠点の取組みと今後の方向性
    (三重県農業研究所 園芸研究課 主幹研究員 礒崎 真英)
  • 愛媛大学が目指す太陽光利用型植物工場
    (愛媛大学農学部・植物工場研究センター 准教授 羽藤 堅治)
  • イチゴ大規模周年安定生産への九州沖縄農研センターの取組み
    ((独)農研機構九州沖縄農業研究センター イチゴ栽培研究グループ 沖村 誠)
  • 寒冷地対応太陽光利用型植物工場−青森農総研の取組みと展望−
    (地独)青森県産業技術センター 農林総合研究所 今井 照規)
技術情報
  • 水稲育苗ハウスを利用した移設可能な野菜の低コスト養液栽培システム
    (島根県農業技術センター 栽培研究部 野菜グループ科長 石津 文人)
施設・資材機器解説
  • 遮熱資材の特徴と利用法
    ((独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター 傾斜地園芸研究領域 川嶋 浩樹)
海外情報
  • スペイン・アンダルシアの風土と施設栽培
    (稲吉種苗(株) 稲吉 洸太)
産地・生産者情報
  • 「畑かん」を活用した野菜産地づくり−鹿児島県曽於地域の取組み−
    (鹿児島県曽於畑地かんがい農業推進センター 農業普及課 有村 良文)
施設園芸技術指導士のフィールドノート
  • 園芸資材業務に携わって
    (全農 生産資材部 資材課 広本 直樹)
交差点
  • 未利用エネルギーと植物工場
    (エスペックミック(株) 中村 謙治)
園芸関連製品ガイド
  • 平林物産 超低コスト耐候性ハウス「スーパーストロングハウス(SSTH)」
  • みのる産業 進化した静電噴口で3つのエコを実現「ネオヒート FS-50」
  • エスペックミック 温度・湿度・CO23項目の測定・記録可能「CO2サーモレコーダー 」
  • クボタ 低価格で本格的な青果物選果、糖度・酸度・重量を同時測定 「センカ光房」
ミニ情報
  • エチレン気浴処理による越前スイセン開花促進技術
    (福井県園芸試験場 エコ園芸・花き研究G 頼本 英明)
  • 中空構造栽培槽を用いたイチゴ高設栽培
    (奈良県農業総合センター 野菜栽培チーム 安川 人央)
  • 中山間地域における夏秋トマトの収量2倍を実現する栽培技術の確立
    (広島県立総合技術研究所 農業技術センター 岡田 牧恵)
  • 道南地域でのトマトつやなし果の発生低減の取組み
    (北海道立総合研究機構 道南農業試験場 細淵 幸雄)
  • トマトの「高接ぎ木」栽培で青枯病の発病抑制効果が向上
    (山口県農林総合技術センター 園芸作物研究室 古橋 典子)
  • 低コストな水熱源ヒートポンプによるガーベラの増収効果
    (千葉県農林総合研究センター 暖地園芸研究所 大谷 徹)
  • アスターの半促成栽培における赤色LEDを用いたロゼット回避技術
    (石川県農林総合研究センター農業試験場 清水 恵美)
  • トルコギキョウの「長崎型低コスト温度管理技術」と適合品種の選定
    (長崎県農林技術開発センター 花き・生物工学研究室 竹邊 丞市)
  • スプレーカーネーション新品種「カーネ愛知6号」の育成
    (愛知県 農業総合試験場 花き研究室 服部 裕美)
  • 半促成ニガウリ栽培の軽労化,商品果収量向上のための子づる折返し誘引
    (鹿児島県 農業開発総合センター 野菜研究室 向吉 健二)
  • 電熱線による株元局所加温がバラの生育に及ぼす影響
    (山口県農林総合技術センター 花き振興センター  篠原 裕尚)
  • 600億を目指す大分県の園芸振興策
    (大分県園芸振興室 伊藤 俊一郎)
  • アブラムシ口針媒介ウイルスの個体別保毒虫診断
    (宮城県農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部 瀬尾 直美)
  • 農業分野の再生可能エネルギー導入支援セミナーを開催
    (福島県園芸課 武藤 伝)
  • 花壇苗・鉢物栽培の施肥作業に定量施肥器‘ショットくん’が活躍中
    (群馬県西部農業事務所 園芸指導係 相澤 直・生方 浩)
  • 夏の黒大豆枝豆「京 夏ずきん」の開発と黒大豆枝豆リレー出荷の推進
    (京都府農産課 京野菜振興担当 浅野 智士)
  • ‘紅まどんな’の高品質生産に「竹の簡易雨よけハウス」
    (愛媛県南予地方局産業振興課 鬼北農業指導班 橋本 保徳)
  • イチゴ新規参入の参考資料まとめる
    (栃木県農業試験場いちご研究所 企画調査担当 米倉 禎都志)
  • バラロックウール養液栽培での排液を利用したかけ流し栽培
    (山口県農林総合技術センター 花き振興センター 住居 丈嗣)
  • イチゴの機能性成分‘葉酸’の含有量
    (栃木県農業試験場いちご研究所 開発研究室 稲見 明奈)
  • 管内(横浜市、川崎市)で直売を行うイチゴ生産者増加中
    (神奈川県農業技術センター 横浜川崎地区事務所 山中 朗子)
  • ユリ切り花栽培への導入が進む土壌還元消毒
    (新潟県経営普及課 副参事 小田 正之)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634