施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 80頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

156号(2012年春) 内容

巻頭言
  • 今年が正念場の植物工場プロジェクト
    (農林水産省 生産局 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室長 綿谷 弘勝)
論説・解説
  • 低コスト・高能率園芸施設の展望
    ((独)農研機構 農村工学研究所 農地基盤工学研究領域長  佐瀬 勘紀)
特集 「超低コスト耐候性ハウス」
  • イシグロ農材「サンフィールド」=簡易組み立て式トラス&鉄柱基礎=
    (イシグロ農材(株) 開発部部長 久米 寛二)
  • サンキンB&G「SLC66ハウス」=新基礎工法と新規格を採用=
    (サンキンB&G(株) 農芸施設事業部 大西 亮造)
  • 平林物産「スーパーストロングハウス」=主脚地中押し込み式で基礎不使用=
    (平林物産(株) 農材営業部 施設課 大平 順一)
  • 渡辺パイプ「WB-TFC」等3タイプ=新構造トラス&タフパイプ=              (渡辺パイプ(株) グリーン事業部 商品グループ 田原 哲)
技術情報
  • 輸送中のイチゴ果実の傷みを大幅に軽減できる包装容器の開発
    (九州沖縄農業研究センター・(株)日本トーカンパッケージ 曽根 一純・伊東 良久)
  • 改良型高圧細霧冷房は温室内を濡らさずに気温を低下させる
    (静岡県農林技術研究所 野菜科長 大石 直記)
  • 小ギクの生産規模拡大を可能とする一斉機械収穫・調製システム
    (奈良県農業総合センター研究開発部生産技術担当 総括研究員 仲 照史)
海外情報
  • 中国の施設園芸見聞記−2011施設園芸現地研修ツアーに参加して−
    (野菜茶業研究所 野菜生産技術研究領域 主任研究員 安 東赫)
産地・生産者情報
  • 高品質と大量生産を両立!コチョウラン周年出荷経営〜豊橋市・松浦 進氏〜
    (愛知県東三河農林水産事務所農業普及改良課 専門員 大羽 智弘)
園芸Q&A
  • 「統合環境制御」とはどのような制御法でしょうか?
    (叶ス和。研究開発部 主幹研究員 斉藤 章)
試験場だより
  • 熊本県農業研究センター 農産園芸研究所
交差点
  • 今こそ先人の「植生術」を
    (井関農機梶@参事 大倉 民夫)
園芸関連製品ガイド
  • 福井シード ボリューム満点!のトマト新品種「華ロイアル」
  • サンテーラ 様々な用途に適した農POフィルム「「クリンテート」シリーズ」
  • カネコ種苗 植物工場・養液栽培専用レタス「マルチリーフ レタス」
  • 日東紡 進化を遂げた新スタンダード培地 「グロダン ロックウール」
  • ダイオ化成 吸水・透湿性に優れた内張り保温カーテン 「ハイブレス(透明)・ホワイトブレス」
  • 佐藤産業 パイプハウスの新しい形 「真・低コストハウス」
  • 積水フィルム 益々充実するPO品揃え 「農POフィルム」
  • 誠和。 栽培上必要な環境要素を測定!「プロファインダー(環境測定装置)」
  • ユニチカ 7つの特徴で機能性向上の内張りカーテン「ラブシート7」
  • 東海物産 養液土耕・養液栽培用の配合肥料「ニュートリバント ドリップ」
ミニ情報
  • ポインセチア出荷時期遅延をめざした電照抑制方法
    (東京都農林総合研究センター園芸技術科/江戸川分場 田旗 裕也/橋本 智明)
  • 島根県における野菜の少量培地耕(「トロ箱」)栽培
    (島根県農業技術センター 技術普及部 山本 晃二)
  • LED光源色とトルコギキョウの切花品質
    (福井県園芸試験場 坂本 浩)
  • イチゴ炭疽病の拡大を防ぐ流水ポット台の開発
    (長崎県農林技術開発センター 野菜研究室 前田 衡)
  • 亜熱帯果樹「アテモヤ」を活用した新商品の開発
    (三重県農林水産商工部農業経営室 村上 圭一)
  • 施設果菜で天敵を活用したIPM技術の普及が進む
    (鹿児島県農業開発総合センター 普及情報課 三角 洋造)
  • 無加温ハウスを利用した12〜3月どりレタス栽培法
    (福島県農業総合センター 加藤 義明)
  • 光熱費を90%削減−LEDを活用したキクの開花抑制
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部 新井 聡)
  • 農業用気泡シートを用いたトマトの無加温4月どり栽培
    (石川県農業総合研究センター 吉秋 斎)
  • 冬春トマトのリアルタイム栄養診断
    (岐阜県西濃農林事務所 農業普及課 市原 知幸)
  • 自然エネルギーを活用した夏秋トマトの局所冷暖房技術
    (山口県農林総合技術センター 日高 輝雄)
  • ビブルナム「スノーボール」の促成栽培技術による出荷期拡大
    (山形県農林水産部 生産技術課 西村 林太郎)
  • 「そお・かのやの秋スプレーギク」は夏場の日持ちも良好
    (鹿児島県大隅地域振興局 農政普及課 今和泉 尋及)
  • セルフクリーニング機能の酸化チタン光触媒を吹きつけた防虫網
    (神奈川県農業技術センター 経営情報研究部 深山 陽子)
  • いちご増収プロジェクトで成果
    (長崎県農林部 農産園芸課 田島 典明)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634