施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 80頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

155号(2011年秋) 内容

巻頭言
  • 花き産業の再活性化に向けて
    ((独)農研機構 花き研究所長 柴田 道夫)
論説・解説
  • 花きの生産に関する研究動向
    ((独)農研機構 花き研究所 花き研究領域長 市村 一雄)
特集 「施設花きの周年安定生産に向けた最新技術」
  • スプレーギク生産におけるEOD反応の活用
    (和歌山県農林水産総合技術センター 農業試験場暖地園芸センター 島 浩二)
  • トルコギキョウの冬春季安定生産技術の開発
    ((独)農研機構 花き研究所 花き研究領域上席研究員 福田 直子)
  • ドライミスト利用によるバラの高温対策技術
    (愛知県農業総合試験場 園芸研究部 主任研究員 二村 幹雄)
  • バラの株元加温技術の開発                                  ( 神奈川県農業技術センター果樹花き研究部 主任研究員 原 靖英)
技術情報
  • イチゴ収穫作業などの中腰作業負担を軽減できる作業補助装置の開発
    (宮城県 農産園芸環境課 園芸振興班 相澤 正樹)
  • トマトロックウール養液栽培用の量管理コントローラの開発
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所 施設野菜生産技術研究グループ長 鈴木 克己)
海外情報
  • イタリア・シチリア島における施設園芸
    (イシグロ農材(株) オランダ事務所 石黒 康平)
産地・生産者情報
  • カスミソウ生産面積全国一の福島県大沼郡昭和村の取組み=昭和花き研究会=
    (昭和花き研究会 会長 管家 博昭)
園芸Q&A
  • 草丈の制御に有効な「R/FR比」、「DIF」、「EOD反応」について教えてください
    ((独)農研機構 花き研究所花き研究領域長 市村 一雄)
試験場だより
  • 愛媛県農林水産研究所(企画環境部・農業研究部)
交差点
  • 農業の奥深さの発信
    (ヤンマー(株) 東京支社 専任部長 浅見 薫)
園芸関連製品ガイド
  • MKVドリーム 13μ厚塗布無滴農PO「アグリスカット(塗布農POフィルム)」
  • GTスパイラル ハウス建設の低コスト・省力化を実現「GTスパイラル基礎杭(農業用)」
  • 東罐興産・日本トーカンパッケージ イチゴの美味しさをそのまま届ける容器「イチゴ品質保持容器 フルテクター」
  • 丸昇農材 送水管に直接打ち込むタイプの液肥混入機 「ECコントローラーUM」
  • サンキンB&G コンクリートを使用しない 「太陽電池設置工法」
  • 渡辺採種場 高糖度で食味の良い中玉トマトの新品種 「Mr.浅野のけっさく」
  • 東洋バルヴ 用水・培養液の除菌浄化に最適! 「ピュアキレイザー」
  • 東都興業 ハウス3カ所で空気層を作り断熱・保温「TSエアユニット」
ミニ情報
  • ヒートポンプを活用したカーネーションの品質向上技術
    (長野県野菜花き試験場花き部 神谷 勝己)
  • 相対取引に反映されるグループ活動の成果
    (島根県西部農林振興センター 鹿足地域振興グループ 三浦 強)
  • 赤色LEDランプによる輪ギクの電照栽培
    (鹿児島県南薩地域振興局農政普及課 神薗 孝浩)
  • 東日本大震災における津波冠水ハウスの作付再開
    (青森県上北地域県民農業普及振興室三沢分室 長谷川 夏子)
  • 宮城県のナス産地におけるIPM技術普及の取組み
    (宮城県農業・園芸総合研究所 園芸環境部 宮田 將秀)
  • 需要期安定開花・出荷に向けたコギク露地電照栽培技術の確立
    (茨城県農業総合センター 園芸研究所 花き研究室 常見 高士)
  • 夏秋ギク‘精の一世’の奇形花防止対策
    (佐賀県農業試験研究センター 花き研究担当 千綿 龍志)
  • パンジー・ビオラのセル育苗期での気化熱利用の培地露出育苗技術の開発
    (京都府農林水産技術センター 農林センター園芸部 竹本 哲行)
  • 香川の主要園芸作物の原種養成
    (香川県園芸総合センター 青木 敏)
  • こうち新施設園芸システムの開発
    (高知県農業技術センター作物園芸課 橋 尚之)
  • 新しいタイプの鉢物用アジサイ品種を育成
    (福岡県農業総合試験場花き部 巣山 拓郎)
  • 県と生産者が共同でカーネーションの新品種を育成しました
    (茨城県農業総合センター 生物工学研究所 高津 康正)
  • 県花・県木のオリーブの切枝として商品化に挑戦
    (香川県中讃農業改良普及センター 花き経営主任 M口 政也)
  • ホオズキ施設栽培におけるスワルスキーカブリダニの利用
    (大分県農林水産研究指導センター 農業研究部 花きグループ 米田 恵美)
  • 酒田地域の四季成り性イチゴ‘サマーティアラ’の取り組み状況
    (山形県庄内総合支庁 酒田農業技術普及課普及指導員 荘司 善守)
  • 消費者に喜ばれるトマト生産に向けて
    (茨城県結城地域農業改良普及センター 萩原 小百合)
  • 通気性を改良した防虫ネットの開発
    (群馬県農業技術センター園芸部 宮本 雅章)
  • 北海道における施設園芸高度化の推進
    (北海道農産振興課 園芸グループ主査(野菜)  牧野 充)
  • チューリップ切り花の養液栽培
    (新潟県農業総合研究所 園芸研究センター 主任研究員 種村 竜太)
  • バラを巡るツアーで消費者と交流
    (静岡県みかん園芸課 佐藤 展之)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634