施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
178号(2017夏)
新たな施設園芸資機材の潮流

177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

      編集・発行:(社)日本施設園芸協会
      制作・販売:日本農民新聞社
      体    裁:B5判 約 80頁
              季刊(年4回発行)
      購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
             1冊頒価 823円(送料 205円)

154号(2011年夏) 内容

巻頭言
  • 被災の現場から
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所 野菜生産技術研究領域長 荒木 陽一)
特集 「現地で注目のトマト養液栽培システム(下)」
  • MKVドリーム「トマトリーナ」=多収型1段密植栽培システム
    (MKVドリーム(株) 営業部 グループマネージャー 松田 喜文)
  • トヨハシ種苗「ココバッグシステム」=簡単・低コストなバッグ栽培で増収
    (トヨハシ種苗(株) 施設園芸部 養液栽培課  田畑 秀明)
  • みかど協和「養液培地耕システム」=省力・増収・環境に優しいシステム
    (みかど協和(株)国内営業本部 施設チーム 稲葉 和彦)
  • 渡辺パイプ「“ガイアのトマト”栽培システム」=生育環境をITで一元管理        ( 渡辺パイプ(株)グリーン事業部 商品グループ 田原 哲)
技術情報
  • トマト3段密植養液栽培の周年生産体系モデル
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 北部農業技術センター 竹川 昌宏)
  • オランダのトマト品種における多収化の要因−光をうまく使って収量増実現−
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所 野菜生産技術研究グループ 東出 忠桐)
  • 木質チップ炭を培地としたキュウリの養液栽培法
    (新潟県農業総合研究所 園芸研究センター 主任研究員 種村 竜太)
海外情報
  • 韓国の施設園芸見聞記〜2011韓国研修ツアーに参加して〜
    ((独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター傾斜地園芸研究領域 川嶋 浩樹)
産地・生産者情報
  • 地域ぐるみで取り組んだトマト黄化葉巻病対策=熊本県八代地域=
    (熊本県八代農業普及・振興課 園芸産地支援班 本田 真也)
施設・資材機器解説
  • 空気膜ハウスの活用法                                     (東京都農林総合研究センター 島地 英夫)
園芸Q&A
  • 単為結果性ナス‘あのみのり’ の特徴と栽培上の注意点を教えてください
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所 野菜育種・ゲノム研究領域 齊藤 猛雄)
試験場だより
  • 埼玉県農林総合研究センター
交差点
  • 震災と電気と施設園芸
    (福井シード(株) 社長 井村 裕治)
園芸関連製品ガイド
  • イーエス・ウォーターネット 夏場のパイプハウス栽培での昇温防止に「万能スプリンクラー利用・屋根散水冷房システム」
  • アキレス 保温効果の高さに、作業性向上をプラス「内張りカーテン・ヌクマールさらりZ」
  • みのる産業 ‘光’ と‘におい’で強力に捕獲! 「LEDキャッチャー」
  • サンホープ 低コストで簡単に、高精度な養液栽培を「肥家効蔵(こやしやきくぞう)」
  • 日本ロックウール 双葉が開いた幼苗のポット仮植に最適「やさいはなポット・円柱カット」
  • サカタのタネ 若苗定植でコスト低減・回転率向上 「初期肥料入り成型培養土・プラントプラグ」
  • エスペックミック 照度・紫外線が測定可能な機種も品揃え 「サーモレコーダーRS-13L・RS-13H」
  • 大塚アグリテクノ 亜りん酸の粒状登場! 「亜りん酸粒状肥料1号・2号」
  • 誠和。 栽培に欠かせない環境要素を測定!「プロファインダー」
  • 平林物産 足場管48.6φ使用の平林オリジナルハウス、基礎が無くともメチャクチャ頑丈!!「ストロングハウス」
ミニ情報
  • 秋期出荷量向上を目指したトマト抑制作型栽培技術確立への取組み
    (岩手県農業研究センター 野菜花き研究室 高橋 拓也)
  • 施設ブドウ栽培における赤色LEDの利用
    (山梨県果樹試験場 栽培部ブドウ栽培科  宇土 幸伸)
  • 超微粒ミストと根圏冷却栽培システムによるバラの品質向上
    (岐阜県農業技術センター 花き部専門研究員 松古 浩樹)
  • 根域制限による極小輪ケイトウの栽培
    (石川県農業総合研究センター 園芸栽培グループ 吉住 隆司)
  • 水稲育苗ハウスを利用したぶどうのアーチ栽培技術
    (新潟県経営普及課 副参事(専門技術指導担当) 山沢 勉)
  • 循環扇導入によるミニトマトの安定生産
    (鳥取県中部総合事務所農林局 東伯農業改良普及所 久永 歩)
  • マルチによるトマト着果安定検討
    (岐阜県飛騨農林事務所 農業普及課 魚住 雅信)
  • にがうり栽培における省力的な仕立て法の検討
    (鹿児島県姶良・伊佐地域振興局 農政普及課 野田 保子)
  • 道南地域でのベビーリーフ栽培導入に向けた取組み
    (北海道立総合研究機構 道南農業試験場 高濱 雅幹)
  • オランダ・ウェストラント市と高知県が友好園芸農業協定を締結
    (高知県産地・流通支援課 岡林 俊宏)
  • 長野県鉢花園芸組合が平成23年度技術研究会を開催
    (長野県園芸畜産課 果樹・花き係 根田 裕子)
  • 通風量が平坦地栽培の越前水仙の草姿に及ぼす影響
    (福井県園芸試験場 花き研究グループ 坂本 浩)
  • 期待膨らむ「インテリジェント・ハウス」
    (三重県農水商工部農業経営室 農業戦略グループ 村上 圭一)
  • パッケージセンターを活用したイチゴ経営の大規模化を目指して
    (佐賀県上場営農センター 畑作・経営研究担当 石橋 哲也)
  • ハウス柿栽培における燃油削減の取り組み
    (奈良県農業総合センター 果樹振興センター 長岡 孝寿)
  • 世界初!種なし甘がき‘秋王’誕生
    (福岡県園芸振興課 果樹係 草野要一郎)
  • 四季成り性いちご‘サマーティアラ’の産地育成に向けて
    (山形県生産技術課 野菜技術主査 石山 秀峰)
  • 棟方向傾斜改造によるハウスの高温抑制
    (兵庫県立農林水産技術総合センター 農業技術センター 中西 幸太郎)
  • 水稲育苗ハウスを有効活用した発泡スチロール箱利用の養液栽培
    (島根県農業技術センター 野菜グループ 石津 文人)
  • スプレーギクのヒートポンプ夜冷栽培で品質向上
    (鹿児島県農業開発総合センター 花き部長 白山 竜次)

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634