2011年 6月15日号 第2935号
このひと
全国農業会議所 専務
松本 広太 氏

 3月11日に発生した東日本大震災では、地震・津波によって多くの農地が作付け不能になった。原発事故の影響も加わって、農地と地域農業の復興に役割を果たしていくために、農業委員会系統組織に多くの難しい課題をつきつけている。農地被害と農委系統組織の対応について全国農業会議所の松本広太専務理事に聞いた。  <続きを読む>

特集 全農23年度事業の展開と事業ポイント
   ○営農販売企画部 大西茂志部長
    TAC活動定着・拡大  総合生産体系の仕組み構築
    営農再開を支援“応援フェア”は継続的に 

   ○生産資材部 鈴木盛夫部長
    出荷資材=ニーズ対応の総合包装提案・PALパック切替促進
    園芸資材=新技術にチャレンジ 太陽光利用のハウスなど
    農業機械=部品センター広域化 レンタル事業確立へ方向性
    施設建設=総合コンサルでCE改善 運営面や再編もサポート

   ○肥料農薬部 山ア周二部長
    肥料事業=原料の安定確保 低コスト施肥の推進
    農薬事業=農薬の協同開発に力 AVH-301は好調
    物流対策=広域物流実施JA面的拡大 全県域での体制実現へ
    提案型事業の強化 3部連携で総合園芸対策 予約注文書の改善

特集 JA全農肥料事業におけるコスト抑制対策
   土壌診断に基づく施肥指導強化・環境保全型農業の実践に力

特集 JA全農ETセンターの取り組み
   センター所長 青柳敬人氏に聞く
    情勢・ニーズの変化に応じ進化重ね多様に展開 ET友の会 会員募集中
    低コスト高品質生産支える「新ETシステム」高度化へ 

NEWS
LOOK・あぐり これからのイベント (6月16日〜7月23日) と募集
10DAYSニュース 6月1日〜10日の主な出来事
今 号 の 主 な 内 容