2011年5月5日・15日号 第2932号
このひと
JA全農 経営管理委員会会長
永田 正利 氏

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故が、農業・農村、JAに及ぼしている被害は広範囲かつ深刻を極めている。地域農業の生産販売に直結する経済事業が今後に向けて果たす役割は多大だ。2度現地入りもしたJA全農の永田正利会長に、被災地支援、回復に向け取り組む姿勢を聞いた。  <続きを読む>

特集 全農生活部 織田展男部長に聞く 23年度事業の展開方向
   東日本大震災の影響と対応 Aコープで産地応援フェア
   JAくらしの宅配便、太陽光発電・太陽熱温水器 LED電球普及拡大、
   クミアイ家庭薬、国産原料使用エーコープマーク品拡大、生活店舗事業 環境関連事業ほか

解説 防除のポイント 水田雑草防除はAVH-301とMY-100で
   アドバイス=全農 肥料農薬部

蔦谷栄一の異見私見 「世界で最も安全でクリーンな国」づくり

NEWS
あぐりデータズームアップ 集落営農の実態 農水省
あぐり・データ JA貯金・貸出残高、JA共済普及実績、農業物価指数、農業生産資材動向、農業機械出荷動向、外食産業市場動向調査ほか
20DAYSニュース 4月20日〜5月10日
今 号 の 主 な 内 容