2009年 5月 5日号 第2857号
このひと
JA全中 常務
冨士 重夫 氏

 22年3月の「新たな食料・農業・農村基本計画」決定に向けた検討が、食料・農業・農村政策審議会で進められている。JA全中は、4月9日「基本計画の策定に向けたJAグループの基本的な考え方」をまとめ、第25回JA全国大会議案と並行して組織討議に入った。6月の全中理事会で決定し、夏までに予定されている「基本計画」の中間論点整理への反映をめざす。組織討議のポイントを全中・冨士重夫常務に聞いた。  <続きを読む>

特集 新・JAビル竣工

特集 JA全国大会議案組織協議案のポイント
         全中経営企画部・甲斐野新一郎部長

特集 全農生活部 織田展男部長に聞く 21年度事業の展開と方向
         JAの太陽光発電、食材宅配事業、全国Aコープ協同機構
         エーコープマーク品=国産米粉ミックス料理コンテスト

シリーズ特集 JA全農研究施設の取り組み
         飼料畜産中央研究所(上田雅之所長)

技術情報 花粉交配用ミツバチ不足20都道府県「影響受ける」=農水省調査
         米粉・飼料用のイネ新品種開発=九州沖縄農研センター
         主食用水稲品種「あきだわら」育成=作物研究所
         土壌病害に強いキャベツ新品種=群馬県&雪印種苗
         集落排水で「プレハブ工法」実用化=地域資源循環技術センター

NEWS
コラム 蔦谷栄一の異見・私見「生・消の絆を結び直す」
列島アグリ 北海道、山形、新潟、埼玉、長野、静岡、愛知、和歌山、愛媛、鹿児島
10DAYSニュース 4月20〜30日の主な出来事
今 号 の 主 な 内 容